働きたいママの大仕事『保活』とは?


こんにちは、mediba広報グループです(*´∇`*)

現在、medibaでは多くの女性が活躍しています♪
全社の約50%が女性社員、管理職として働いている方も約20%ほど。

medibaのミッションである『ヒトに”HAPPY”を。』のもと、社員がいきいきと働く会社を目指して様々な制度を整えています。

育児休業制度や時短勤務はもちろん、福利厚生として家事代行のタスカジサービスやベビーシッターサービスなど、女性にとって働きやすい環境作りにも力を注いでいます。
ちなみに、medibaの育児休暇後の職場復帰率は100%です!

しかし職場復帰を臨む女性が年々増えている一方で、現在深刻になっているのが待機児童問題です。

待機児童

東京23区待機児童が多い区市町村ランキング(2016年4月時点) 東京都調べ
1位 世田谷区 1,198人 2位 江戸川区 397人 3位 板橋区 376人

都心部では、認可保育園に入ることが出来ない子どもたちで溢れています。
各市区町村で保育施設への受け入れ人数を増やす取り組みをおこなっていますが、待機児童の人数に追いついていないのが現状です。

これは同時に、働きたいママたちが職場に復帰できない問題でもあります。

そんなママたちがわが子を保育園に入所させるための活動、『保活』が話題となっています。
妊娠中から保育園の見学を回ったり、入所決定率の高い地域に引越をしたり、入所に有利になる労働条件にしたり、情報収集のために各地区の役所を回ったり、わが子を安心して預けられる場を見つけるためのママたちの努力は計り知れません…。

一方で、保育環境が刻々と変化することや情報が氾濫していて、正確な情報が得られないことで、具体的な活動内容の情報や重要性がママたちに浸透していかない問題もあります。

その問題を解決するため、7月よりLAXIC(ラシク)を運営するノヴィータさんと共同で”保活”に関するイベントを開催しています。

記念すべき第1回目は世田谷区と杉並区で待機児童問題に取り組むスペシャリストをお呼びして、保活の実態や知っておくとよい知識を教えていただきました。

沢山の方にご参加いただき、保活に関する疑問や悩みを本音でお話いただきました。ママ達のリアルなお悩みや様々な現状を知り、あらためて、私たちに出来ることはなんなのか、深く考えさせられました。
これからも働くママ達が活躍できるよう、様々な取り組みを行ってまいります!

ヒトに”HAPPY”を。

 

自分の会社のことをより深く知ろう☆mediba社内勉強会


こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

今回は、社内勉強会について、ご紹介★
それぞれの部署が、自分たちの行っている業務や、立ち位置・課題などについて伝える場として、他部署向けに「勉強会」を開いています。

例えば、CTOが語る「非エンジニア向け勉強会」

IMG_3657

技術動向や我々を取り巻くテクノロジーについての基本説明から、実際にどのように設計を進めているか、などなど。
丁寧な説明に、メンバーも頷きながら、首を傾げながら聞き入ります。

「技術的なことはぜーんぶエンジニア!」と、丸投げするのではなく、
お互いの業務を理解し合いながら、共通の目標に向かって協力していこう!という熱いメッセージに溢れていました♪

こちらは、営業部による勉強会。
IMG_5019

インターネットだけでなく、マスも含めた「広告」を取り巻く現況・トレンドから、同業他社の動向、medibaが販売している広告商品の特徴や出稿の傾向など、情報盛りだくさんでお届けしています。

トレンドは大体把握している⇒じゃあ具体的に流行っている広告って何?それってなんで?
商品については理解している⇒じゃあどんなジャンルで強いの?

普段は外に出ている営業メンバーが、自分たちが創っているメディアに載せている広告を、もっと身近に感じてもらえるよう、もっと深く知ろうと思ってもらえるよう、(笑いを取りつつ)伝えていました。

======================================
自分たちの会社のことって、実は知っているつもりなことも多いのかも、
そして、知りたいと思っているけど、深い部分まで知るチャンスが中々ないかもしれません。

ちなみに、自部署内での勉強会も活発に行なっています★
コチラは又の機会に・・・。

ヒトに””HAPPYを。

medibaセッション登壇!AWAsia 2016&AWS Summit 2016


こんにちは!mediba広報グループです(ΦωΦ)★

今回は、mediba執行役員2名が、登壇したセッションの様子をご紹介します!

一つ目は、「Advertising Week Asia 2016」です。
広告業界を牽引するプロフェッショナルが集結し、知識や成功の鍵を分かち合う、 世界最大規模のカンファレンスとなります。
今年12周年を迎える本カンファレンスの3カ所目の開催地として、 アジアの中で「日本」が選ばれました。

medibaでは、「東京ポップカルチャー。国境を超えるブランド力の秘密」と題し、「東京」という都市の持つ不思議な魅力とそのビジネスへの可能性について、お話させていただきました。

DSC02564
会場に続々と人が集まり、にわかに高まる緊張感・・・!

スピーカーには、
一般財団法人渋谷区観光協会 理事長である金山 淳吾様と、
Tokyo Otaku Mode Inc. 共同創業者/CEO である亀井 智英様をお呼びしました。
東京、特に渋谷・青山に縁のあるお二人です。
モデレーターを僭越ながら、弊社執行役員である小野村 嘉人が務めます。

DSC02594実際にセッションが始まると、とても和やかな雰囲気が流れます。一安心。

「東京」というキーワードから思い浮かべるものは?という小野村の問いかけに対し、
全員が一致した「人々が行き交う”雑踏”」、その混沌とした場所から生み出される、独特なカルチャーとそこに秘める可能性、気配についてお伝え出来たのではないかと思っています。

最後に記念撮影♪お二人共、ありがとうございました!

DSC02641_加工済

ニつ目は、「AWS Summit Tokyo 2016」です。
「AWS Summit」は、AWS クラウドに関する様々な事例、最新技術、活用方法をご紹介するカンファレンスです。 「AWS Summit Tokyo 2016」は、その中でも世界最大規模のカンファレンスであり、AWS クラウドの最新動向 を、100以上の様々なセッションを通して知ることができます。

こちらでは、「私はこう踏み出した!企業としてのクラウド活用、はじめの一歩 ~IT リーダーが今日から使える実践ノウハウ~ Why, Japanese People! 厚切りジェイソン登場」と題し、クラウドへのシステム移行の”最初の一歩”をどう踏み出したか、について、お話させていただきました。

IMG_4975
こちらもすごい人です・・・!立ち見の方もちらほら。

こちらに登壇するのは、弊社執行役員/CTOである山田 浩和です。
モデレーターとして、
株式会社アイ・ティー・アール 代表取締役/プリンシパル・アナリストである内山 悟志様、
パネリストとして、フジテック株式会社 執行役員 情報システム部長である友岡 賢二様、
タレントの厚切りジェイソンさんとご一緒させていただきました。
IMG_4986こんなお写真まで撮らせていただき、感無量です!

「クラウドへのシステム移行を実践した企業の IT リーダー」ということで、AWS導入のキッカケから、どのような体制で推進したのか、社内事情をあますところなくお伝えしました。
厚切りジェイソンさんの鋭いツッコミに、会場も盛り上がりました!

セッションを聴講してくださった皆さまに、改めて熱く御礼申し上げますm(_ _)m
また、登壇のご依頼もお待ちしております!!!(力こぶ)

ヒトに”HAPPY”を。

一年の功績を讃えて・・・mediba awards 2015


こんにちは。mediba広報グループです(*^^*)

先日、一年の成果を表彰するmediba awards 2015が開催されました!
その様子を、広報グループに配属されました、新人のMよりレポートさせていただきますm(_ _)m

award

「mediba awards」とは、medibaに『新しい価値』を創出したお仕事を社員全員で表彰する、一大イベントです。

賞は、全部で3種類。
社員全員の投票で決まる「Award selected by Employee」、
社長、副社長、執行役員の投票で決定する「Award selected by Management」、
そして、惜しくも上記2つの受賞を逃したものの、そのチャレンジを讃え、来年のさらなる成長に期待できると評価された場合に贈られる「特別賞」です。

「みんなでエントリーして、みんなで投票して、みんなで称え合う」
mediba ならではの取り組みの一つです。

DSC02465.blog-crop

会場もお手製レッドカーペットが敷かれるなど本格的!!
お恥ずかしながら、配属最初のお仕事として、わたくし新人Mが、司会という大役を務めさせていただきました♪

blog

緊張で目の前が真っ白になったりもしましたが、頼りになる上司とペアを組み、なんとか乗り切りました・・・!

それでは早速、特別賞からご紹介。今回はグローバルメディア事業本部より、2つの案件が選ばれました!
1つ目は、”ベトナムでの「mGift」のリリース”です。

medibaは2016年4月に、現地最大手の国営携帯通信キャリアであるViettel Telecomと協業し、Viettel モバイルユーザー向け会員特典サービス 「mGift」をリリースいたしました。(詳しくはニュースリリースを御覧ください)

ベトナムに駐在所を開設してから約4年、数々の困難がありました。厳しい環境の中でも、日本で行っている既存事業に依存しない形での、サービスリリースを成し遂げたこと、ベトナム国営携帯通信キャリアとの強いリレーションを築き上げたことが高い評価を受けました!

2つ目は、”ミャンマーでの「LO TA YA」リリース”です。

アジアのラストフロンティアといわれるミャンマーで、2016年3月に国内初となるポータルサービス「Lo TA YA」の提供を開始しました。
※medibaは、国営郵便・電気通信事業体であるMPT(Myanma Posts and Telecommunications)とKDDI社とともに、2015年7月より本プロジェクトに支援メンバーとして参加。文化や国民性などが全く異なる場所で、初のポータルサイトを立ち上げると決断したこと、medibaが今まで培ってきたWEBビジネスのノウハウをフルに活用し、プロジェクトを牽引したことが高く評価されました!

vietnam_blogDSC_0149_blog_new

現在medibaではベトナム、ミャンマーを中心としたグローバル事業に力を注いでいます。
慣れ親しんだ日本とは全く異なる環境で戦うmedibaメンバーの頑張りが、全社として評価され、今回の特別賞に繋がりました!

続きまして、「Award selected by Management」を受賞したのは・・・
auデイリーメディア推進部による”au ヘッドラインにおけるニュース編成力向上施策”です。

ユーザー目線を徹底的に追求し、課題を洗い出し、独自の省略タイトルの導入や編成マインドの共通化など、解決の施策を実践、1年で利用者が2倍にまで成長しました。

DSC02710.blog

au ヘッドラインの信頼向上にも繋がり、ユーザーに対して『新しい価値』を創出したとして、今回の受賞となりました。
私も毎日チェックしていますが、見出しが非常に魅力的です(^^)/

いよいよラスト、「Award selected by Employee」に選ばれたのは・・・
情報システム部による”情報セキュリティ対策の短期実現”です!!

DSC02540

昨今話題の情報セキュリティ、ひとたび情報漏えいが発生すれば、medibaだけでなく、関わる企業やユーザーなど全ての方に影響を及ぼします。

我々が扱わせていただいている情報の規模は非常に大きく、また重要だと認識しています。そのため、扱う情報に見合ったセキュリティ対策の実施は必須。それを非常に短い期間で実現、KDDIグループの中でも模範例として高い評価を得たことから、medibaに関わってくださる、すべての方に対して『新しい価値』を提供したとし、今回の受賞に至りました。

情報セキュリティにおける信頼構築は、決して1人で出来るものではありません。
一人ひとりの心がけや、組織としての仕組み化など、社員全員の協力が不可欠です。
受賞スピーチの中でも、「社員の皆様のご協力にひたすら感謝している」といったコメントが何度もあり、胸を打たれました・・・!

みなさま、受賞おめでとうございます!!

受賞した方々には、栄光の証として、このキラキラ輝くトロフィーが贈呈されました。
その他、副賞としてmediba awardsのロゴが入ったクッキー&本革IDカードケースもプレゼント。カードケースは贈呈後、すぐに使っている社員も…☆

DSC02730.blog

最後に、初めてこのイベントに参加した感想を・・・

本イベントを通して、新たなチャレンジを積極的に評価してくれる、また社員を大切にしているmedibaの企業風土を感じました。

また、各部署がどのような思いで、どのような仕事をしているのか知り、自らの仕事に対する成果について考えるきっかけとなりました。

2016年度も多くの成果をあげられるように、社員一同頑張ってまいります!!

ヒトに”HAPPY”を。

 

 

ミャンマー初のポータルサイト「LO TA YA」誕生!~mediba漫遊記①


2016年3月17日、ミャンマー国初となるポータルサイト「LO TA YA」が誕生しました。

その歴史ある瞬間に、なんと、medibaも立ち会うことに・・・!

ロゴ

 

実は、国営郵便・電気通信事業体であるMPT(Myanma Posts and Telecommunications)とKDDI社とともに、medibaも2015年7月より本プロジェクトに支援メンバーとして参加しています。

ミャンマーは「アジア最後のフロンティア」ともよばれ、これから大きな経済成長が見込まれる国の一つです。国民の温厚な人柄・勤勉な性格でも知られ、日本とは、長く友好的な関係を築いてきました。

24251739691_0e0fa7e440 (1)

携帯事業においては、国民の平均年齢が若く、これから携帯電話を多く持つ人が増えるとされていますが、「SIMカードによるプリペイド式」という点が、成長における大きなネックとなっています。

今回の立ち上げの際にも、通信の度に費用がかかるこの国の市場背景において、「ポータルサイトがどの程度受け入れられる」のか、度々議論となりました。しかし、「やってみないと何も始まらない、初めての挑戦には、その時にしか味わえない経験と価値がある!」と全員の気持ちをひとつにし、本プロジェクトを発足しました。

立ち上げメンバー
(立ち上げメンバー。過酷な条件の中、本当に力を尽くしてくれました・・・!)

言語や文化の違いにぶつかり、思い通りに進むことの方が少ない日々を切り抜け、ローンチまでこぎつけることができました。

ポータルサイトの名前「LO TA YA」とは、ミャンマー語で「Everything you want and you can get it」という意味です。
(ちなみに、この名前もローンチ1週間前に決定するというギリギリ具合。冷や汗が止まりませんでした・・・)

サービスは、①デイリーツールである検索機能、天気予報、為替情報、ニュース、②お楽しみコンテンツとして、小説、クロスワードパズル、最後に③MPTサービスとしてVas(Value-added service)を提供しています。(第2弾として、くじ引きコンテンツやクーポンの配信も予定)

画面キャプチャ

ミャンマー国初ということもあり、ローンチ当日は大々的に記者イベントが開かれ、その様子は、地元メディアでも多数取り上げられました。

⇒現地MPT公式ページでの告知(注:ミャンマー語)
⇒現地メディアでの報道そのいちそのに(注:ミャンマー語)

会場2_角度調整

イベント参加
(medibaもイベントにお邪魔させていただきました♪)

この「LO TA YA」は、まだ生まれたばかりで、小さな力しか持っていませんが、これから様々なビジネスを生む場所として育っていくはずです。私たちmedibaもそれを全力で支援していきます。

異国の地、ミャンマーで産声を上げた「LO TA YA」に“HAPPY”を!

 

2016年度入社式(*˘︶˘*).。.:*♡


こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

本日、2016年度入社式を無事執り行うことが出来ました。
東京本社に14名、沖縄支店に3名の新メンバーが仲間入り♪

★DSC_0022 (2)_加工済
(一列に並ぶと圧巻です・・・!)

入社式では、代表取締役社長 海本より、祝辞が贈られました。
和やかなムードで緊張していたメンバーにも笑顔が(*^^*)

★DSC_0090 (2)_加工済

また、入社メンバーからは、入社するにあたっての決意表明を。
今日から社会人、不安と期待がいっぱいです・・・!

★SC_0164_加工済

これからどんな社会人に育ってくれるのか・・・
成長していく姿を見るのが楽しみです(*´ω`*)

★DSC_0105 (2)_加工済★DSC_0180_加工済

medibaの一員として、これから一緒に頑張っていきましょうね♪

===========================
さて、来年も素敵なメンバーを迎えたいと思います。
2017年度エントリーはこちらから

ヒトに”HAPPY”を。

渋谷ヒカリエ勤務者が選ぶおすすめLunch★Winter


こんにちは、mediba広報グループです(*^_^*)

渋谷ヒカリエ勤務者が選ぶおすすめLunch★
渋谷ヒカリエ勤務者が選ぶおすすめLunch★Spring
渋谷ヒカリエ勤務者が選ぶおすすめLunch★Summerの続編です!
渋谷近辺の美味しいランチをご紹介します(^^)

Osteria 吉田PASTA BAR:渋谷駅 徒歩5分
青山通りの裏路地にある、真っ赤な店舗。
今回は「本日のシェフ特製 熟成生パスタ」の宮城県産生雲丹とペコリーノチーズの濃厚雲丹クリームソースパスタ(1,500円)をセレクト。濃厚なウニとチーズのソースが絡みあった間から、零れ落ちるイクラの粒の輝きと言ったら・・・!※調子に乗って大盛りにしたので、お腹がはちきれそうでした。
食後に巨大なワイングラスに入ったお菓子たちをサービスしてもらえるのも、女性には嬉しいサービスです。お昼の時間帯は激混みなので、時間をずらして訪問することをおすすめします。

★火~土 11:30〜15:00(L.O.14:30)

IMG_4267

 

酢重ダイニング 渋谷ヒカリエ店:渋谷駅 徒歩5分
雨や雪で外に出たくない日も、ヒカリエなら大丈夫!笑
mediba広報メンバーのお気に入りは「本日の日替わりランチ(肉料理)」の豚肉と茄子の炒めもの定食(1,200円)です。茄子から滲み出るダシがたまりません!ご飯との相性も抜群(白米か玄米か選ぶ事ができます)。ちなみに、ご飯とお味噌汁はお代わりできるので、お昼はがっつり派の方も満足いただけると思います。席が予約できて、大人数でのランチも安心です♪

★月~日・祝 11:00~16:00

IMG_4049

SINCERE GARDEN CAFE:表参道駅A3出口より徒歩4分
時間に余裕がある日は、ちょっと足をのばして。SINCERE GARDENの2階にあるカフェでリラックスしませんか?すべてベジタリアンメニューにこだわっているだけあって、野菜をお腹いっぱい食べられます。こちらは「豆腐・納豆・アヴォカドの和風サラダ+ベーグル/ごはん+五行茶」(1,220円)です。五行茶とは、木・火・土・金・水それぞれのイメージに合わせてブレンド茶です。(この日は睡眠不足気味だったので「火」にしました)スパとのセットもあり、ゆっくり落ち着きたい時におすすめのスポットです。ちなみに、テイクアウトメニューもありますので、お急ぎの際はそちらをどうぞ★

★月~日・祝 11:30~20:00(L.O.19:00)

IMG_4184

まだまだ、ヒカリエ周辺、もとい渋谷-表参道周辺には名店が・・・。
次回もお楽しみに♪

ヒトに”HAPPY”を。

mediba広報は見た!2015年度入社突撃インタビュー★そのさん


こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

2015年度入社の新卒メンバーが配属されて、早5ヶ月が過ぎました。
彼らが今どのような業務に携わっているのか、どんな心境なのか、突撃取材してきました♪

ラストとなる今回は、メディアシステム開発部からYくん、事業開発ユニットからIさんをご紹介いたします。(過去分はこちら。第一回第二回)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Q1.どのような業務を担当していますか?そのやりがいについて教えてください。

(Iさん)商品サンプリングサービス「au スマートパス 商品モニター」の運用業務を担当しています。毎日の売上や掲載商品のスケジュール管理、商品の特集ページのイメージ案、メルマガの作成などを行っています。一番やりがいを感じるのは、自分が書いたメルマガに、ユーザーが反応してくれた時ですね!私が書いた文章で商品の素晴らしさが確かに届いたんだと思うと言葉に出来ない喜びがあります。

★DSC09309
文学系黒髪美女のIさん、物憂げな瞳がたまらないともっぱらのウワサ

(Yくん)「au スマートパス」のサーバ側の開発をメインで行っています。会員数1000万人以上という、巨大なサービスの開発に携わり、多くのユーザーにアプローチできているということに、とてもやりがいを感じます。またその他にも、ログの解析基盤を作るために、情報を集めてシステムを作るなど、大きな責任ある仕事と自分のやりたい仕事の両方に携わることができています。

Q2.medibaに入社したきっかけを教えてください

(Iさん)就職活動では、職種や業界などはあまり絞らず、色々な企業を見ていました。その中でも、スマートフォンを軸として、様々な方面へ柔軟にサービス展開していこうとする点に魅力を感じ、medibaに応募しました。選考が進んでいくにつれて、社員の方々や会社の雰囲気に他の企業にはない魅力を感じ、直感的に「ここで働きたい!」と思ったのが、最終的な決め手だったと思います。

★DSC09298
自他ともに認める、medibaの”ユヅ” 新卒初めてのエンジニアです!

(Yくん)私は、IT関係のベンチャー企業を数多く見てきました。その中でも、特に働く環境や福利厚生などが充実している点に魅力を感じ、当時は公募していなかったエンジニアとしてエントリーしました。2ヶ月間のインターンシップをさせていただき、実際に働く中で、会社の雰囲気も自分にあっていましたし、やりがいのある仕事を任せてもらうことができたので、入社しようと決めました。

Q3.medibaの魅力って、ズバリなんですか?

(Iさん)ずばり、“のびのびと働ける環境”だと思います!medibaには、新たな取り組みや挑戦を応援してくれる環境があります。決まった型に当てはめるのではなく、既存のものをさらに良くしていくために、知恵を絞り、協力しあうことができています。また困ったときには、経験豊富な社員の方々が、優しく(笑)仕事を教えてくださるので、新卒でも臆することなく挑戦できる環境があると思います。

★DSC09285
深夜アニメフリークでもあるIさん、今クールのおすすめは「だがしかし」だそう。

(Yくん)プロフェッショナルが揃っており、自分の知らない新しい知識を吸収することができる点です。社内勉強会を定期的に開いていたり、会社が外部の勉強会に参加する事を推奨するなど、新しい技術を取り入れるために積極的です。まだまだ成長できる自分を感じて、ワクワクしています!

Q4.My CREDOを教えてください

(Iさん)「迷ったときは人として」です。直接ユーザーと繋がっているサービスの運用に携わる上で、「自分だったらどう思うのか」を常に意識するようにしています。自分自身がいちユーザーとしての意思を常に持つこと、それ自体が重要だと思うので、自分の意見が必ずしも通るとは限らないとしても、その姿勢を持って業務に向き合うことを忘れないようにしてます。

★DSC09279
特技はトランプマジックというYくん。無邪気な笑顔からは想像もできないテクニックを披露します・・・!

(Yくん)一番好きなCREDOは「本気・本音でぶつかる」です。頼まれた仕事をなんの疑問もなくただ淡々とこなしていくだけでは、自身の成長にもならず、仕事にもやりがいを持てないと思っています。medibaには、「こうした方がいいのでは?」「どうして?」などの意見を素直にぶつけることができる雰囲気があります。年齢や役割に縛られず、常に自分の意思をもって仕事に臨んでいます。

Q5.これからmedibaで挑戦したいことについて聞かせてください

(Iさん)現在携わっている「auスマートパス 商品モニター」サービスを、さらに活性化させていきたいです!安定的な運用体制を整えて、基盤を固めることはもちろん、ユーザーがサービスをより身近に感じ、親しんでくれるようなアイデアを打ち出していけたらなと思います!

★DSC09304

自分の思いをカタチにしていこうとする二人の姿に頼もしさを感じました・・・!

(Yくん)誰もが知っている、誰もが使ってくれている、笑顔になってくれるサービスを生み出したいと思っています。今は「au スマートパス」のサービスの開発に携わっていますが、ここで学んだノウハウを活かして、今後は更に多くのユーザーを巻き込んだユニークなサービスの立ち上げ、開発に携わっていきたいと思います。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

2015年度入社メンバーのご紹介はここまで。
2016年度はどんなフレッシャーズがmedibaに来てくれるのか・・・!
期待に胸が膨らみます(*^^*)

ヒトに”HAPPY”を。

サービスを通して社会を豊かに!スタートアップセミナー


こんにちは、mediba広報グループです♪

今回は、先日行われたスタートアップセミナーについてレポートします。テーマは「サービスで社会の課題解決、生活を豊かに」です。

3名の起業家にお越しいただき、サービスを立ち上げたキッカケやキャリアの選択、日々の生活との両立をどのようにしているか等、をお話いただきました。

お一人目は、株式会社メデテの代表取締役 佐々木 美紗様
メデテさんは、漢方茶をソリューションとするヘルスケアベンチャーです。

漢方茶専門のオンラインショップやオフィスで簡単にセルフメンテナンスできる「オフィスde漢方茶」などを手がけています(medibaでも導入中です♡)★DSC00098

「人々が健康でいきいき暮らせるように」
勤めていた会社で、新規事業を成功させ、分社独立した経験を持つ佐々木さん。その時感じたご自身の不甲斐なさや新たなチャレンジへの意欲から、メデテの起業を決めたそう。自己資本・店舗事業・人材への 「3つのこだわり」が招いた失敗を赤裸々に語ってくださいました。その全てが、今の事業展開に活きている点も非常に興味深かったです(*^^*)

お二人目は株式会社Nicogoryの代表取締役 浦野 幸様
法律を使って人生を切り開く 法律問題ポケット執事「Nicogory β版」を運営されています。

人生の局面で生じる法律問題に対する向き合い方を、利用者が理解しやすい体系で提示し、内容に応じて専門家を紹介するサービスを運営しています(どんな時に使うか、わからない方はコチラ)

★DSC00103(角度調整)
「人々が幸せに暮らせるように」
大学1年生の時、約40カ国を放浪する中で、カンボジアの子どもたちの創造性に触れたエピソードから、幸せに暮らすとは「社会的な繋がりの中で、自分の人生に積極的に参加すること」であると定義し、それをサポートする仕組みを作ろうと研究者を経て、起業に至るまでの過程をお話いただきました。認知特性から法律データをパターン化、パーツ化していくアプローチは、浦野さんご自身の感情を科学する研究が活きています。法律は、ほとんどのヒトが利用するにも関わらず「個別性の高い」サービスがあまりない、という言葉にハッとさせられました。
 空白
ラストを飾るのは、ブランニュウスタイル株式会社の代表取締役 和田 幸子様medibaも業務提携している家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」

小さいお子様を育てる共働きファミリーの負担を少しでも軽くしたい、という想いで創業。家事をお仕事にしたい人と家事代行をお願いしたい人・家族とをマッチングしています。

リリースから1年半でユーザー3500人と驚異的なペースで利用者が増えている秘密を語っていただきました。「レビューによる改善点のフィードバック」と「感謝の気持ち」で自律的にサービスが成長していく仕組みには会場も興味津々。UberやAirBnbとは異なる、”定期利用”するシェアリングエコノミーならではの価値提供の工夫が随所に凝らされていることに感動!起業するにあたっての、「起業するテーマに愛を持てるかどうか」という独自の基準点もご紹介いただきました。

参加者の方からもたくさんのご感想・ご質問をいただき、とても素敵な会になりました♪

 ヒトに”HAPPY”を。

mediba広報は見た!2015年度入社突撃インタビュー★そのに


こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

2015年度入社の新卒メンバーが配属されて、早半年が過ぎました。
彼らが今どのような業務に携わっているのか、どんな心境なのか、突撃取材してきました♪

今回は営業部から、Sくん、Tさん、Mさんをご紹介いたします。★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

Q1.どのような業務を担当していますか?そのやりがいについて教えてください。

(Sくん)大手総合広告代理店の営業担当をしています。mediba広告商品が持つ強みを掛けあわせ、最適なプランを提供できるよう、チームで頭をひねってます。また、拡販いただけるように常に情報収集を怠らないこと、それらをこまめに共有することを心がけてます。自分の携わった案件が、広告として世の中に発信されているのを見る瞬間がたまらないです。笑

(Tさん)現在複数の広告代理店のメイン担当を務めています。まだまだ知識や経験も少ないですが、広告主の課題に対して最適解を出すことができるよう、「聴く」こと、その先を「推察」することを心がけています。自分の考えを提案し受け入れてもらえた時や、無事案件が決まり、「ありがとうございました」と言ってもらえることが嬉しく、やりがいになっています。

(Mさん)私のミッションは、新規開拓です。今までmedibaの商品を扱ったことがない広告代理店の方、クライアント様からお話を伺い、私たちがお手伝いできることを考え、ご提案していきます。数ある広告商品の中から、medibaの商品を選んでいただけるというのは、本当に奇跡のようなことです。実現できた時のビールの味は格別です!

★DSC09172
ノリの良い関西弁と、意外と生真面目な性格のギャップに定評があるSくん

Q2.medibaに入社したきっかけを教えてください

(Sくん)大学時代は日本史学を専攻していて、特に古代史について学んでいました。就職活動は、当初漠然と広告業界、商社、メーカーなどを見ていましたが、「一つの枠に捉われずに社会に影響を与える」仕事がしたいと思い、広告業界一本に絞りました。その中で、スマートデバイスであれば、より多くの生活者にダイレクトに情報を発信し、社会に貢献できると考え、medibaに入社しました。

(Tさん)中学校からダンスを続けていて、その経験から「人の心を動かすきっかけを作る」仕事がしたいという思いを持っていました。また、大学でメディアやコミュニケーションについて学んでいたこともあり、業界は広告が中心に。その中で、キャリアとしての知見を生かした、スマートフォンサービスを提供しているmedibaと出会いました。面接を進んでいくうちに、社員の方々の魅力に惹かれ、自分もこの人たちみたいになりたい!という思いが強くなり、内定を承諾しました。

(Mさん)高校生の時に、授業の一環で商品企画に携わったことがキッカケで、「どうやったらものが売れるのか」ということに興味を持ちました。そして大学でWEBマーケティングを学んだり、団体の広報を担当しているうちに、広告の中でもデジタル分野に携わりたいと思い始めました。数多くの企業を見ていく中で、①企画部分から運用まで、全てに携わることができる、②大手通信企業のグループ会社にも関わらず、風通しが良さそう、という部分に魅力を感じ、medibaへの入社を決めました。

★DSC09199
おっとりした雰囲気とは裏腹にキレッキレのダンスを特技とするTさん

Q3.medibaの魅力って、ズバリなんですか?

(Sくん)ズバリ、「ヒト」です。KDDIグループということもあり、実はお堅い会社なのではないかという思いもありました・・・(笑)実際に働いてみると、とてもフラットな雰囲気で、すぐ馴染むことができました。サークルなど業務以外の活動も盛んなので、営業部以外の方とも交流が多くあります。仕事もプライベートも充実しております!

(Tさん)大きく分けると2つあります。まず、キャリア事業で築いた基盤を生かしたサービスを提供していることです。最新のメディア動向について社内勉強会を行ったり、新規事業の立ち上げにも積極的に取り組んでいて、成長することに貪欲な会社だと感じます。もうひとつは、若いうちから責任ある仕事を任せてもらえることです。私も1年目から代理店担当を任されています。挑戦の機会を与えてくださる先輩や、お互いに切磋琢磨し、成長し合える同期が大好きです!

(Mさん)風通しが良く、自分の意見を聞いてもらえる環境であることです。学生の時、社会人1年目はあまり自分の意見を反映してもらえないイメージがありました。でもmedibaでは、役員の方と触れあう機会が多く、自分の意見をしっかり聞いてもらえたり、上司の方も、「私がどう思ってるのか」を常に気にしてくださいます。自分を表現する機会を多くいただけていて、ありがたいです。

★DSC09184
3度の飯より、ビールが大好き!medibaの切り込み隊長、Mさん

Q4.My CREDOを教えてください

(Sくん)「本気・本音でぶつかる」です。自分が本気でぶつかっていかなければ、相手も本音で話してもらえないと思うので。真剣にぶつかっていくことで、社内の活気をこれまで以上に高めて、より良い結果につなげていければと思い、日々の業務に全力で取り組んでいます。

(Tさん)「挑戦を応援して、失敗を攻めない」です。就職活動の際にmediba’s CREDOを知り、素敵な会社だなと感じていました。実際、入社してからも挑戦の場を与えてくれたり、失敗をした時にフォローしてくださる頼りがいのある先輩方に囲まれています。背中を押してくれる方々のためにも、失敗を恐れず、妥協せず、挑戦したいと思います!

(Mさん)「迷った時は人として」です。仕事をしていると、本当に様々なことが起きて、何を基準に判断したらいいか分からなくなる時もあります。そんな時も考え抜いて考え抜いて、最終的には『人』として信頼されるような行動をとっていきたいと思ってます。このような考えが会社の指針に入っているところも、我が会社ながら、素敵だなと思ってます(笑)

★DSC09171
最後に、それぞれのこれからの目標を書いてもらいました!

Q5.これからmedibaで挑戦したいことについて聞かせてください

(Sくん)medibaの顔となって、ヒトにHAPPYを与えられるように挑戦していきたいと思っています。どんなことにも貪欲に挑戦をすることを忘れずに、medibaの広告商品を広めていけるように取り組んで行きます。medibaに若い風を起こします!

★DSC09211_トリミング
元陸上選手で10.7秒/100mという、Sくん。mediba史上最速のスプリンターとなれるか・・!

(Tさん)広告代理店の方とより密なコミュニケーションをとり、信頼される営業マンになりたいと思っています。そのために、自社のサービスだけでなく、世の中で必要とされているサービスやトレンドの広告商品も広く学んでいきます。今後は、私がmedibaの魅力だと感じていた「時代の流れを察知して、新しいサービスや広告商品を提供していける」プロジェクトに携わり、人の心を動かしていきたいです。

★DSC09215_トリミング(モザイク)
持ち前の愛されキャラで、皆さんをメロメロにします!

(Mさん)広告代理店の方、さらに先にいる広告主の方にとって、medibaの商品を利用してよかったと思われるようになりたいです。そのため自分にできること、自分にしかできないことはなんなのか、追求し、挑戦していきたいです。自分に関わってくださる方全てに”HAPPY”を感じてもらえる営業を目指します!

★DSC09223_トリミング
営業のお供はレッドブルで決まり♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

元気いっぱいの3名の言葉に、たくさんパワーをもらいました(*^ ^*)

新卒突撃インタビュー、次回もお楽しみに♪

ヒトに”HAPPY”を。