ライブ中継にオンライン研修?!新しい試みが盛りだくさんの新年度がスタートしました

2020年4月現在、medibaは新型コロナウイルスの感染防止対策として、原則在宅テレワークで業務を行っています。

そのため、今年度の4月1日は弊社初の試みとして、社長・江幡のあいさつをライブ配信いたしました。併せて、「入社当日からテレワークとなった」2020年度新入社員の入社初日について紹介します。

「ものづくりカンパニー」として躍進の2020年度へ

まずは、社長の江幡による「あいさつ」の抜粋をお届けします。

まず初めに、このような環境でもやるべき業務をしっかりと対応していただいていること、本当にありがとうございます。

19年度は大きく環境が変化しました。

新しい取り組みが始まったこともあり、medibaの基幹となっている事業そのものや収益構造において変革を迎えているところです。

5G(第5世代移動通信システム)サービスの開始に合わせる形で下期以降、これまでになかった新たな取り組みをスタートしています。

こういった取り組みにしっかりと向き合っていきながら、新しい体験価値を創り出すというフェーズに移っていき、「モノづくりカンパニー」としてmedibaを確立していきたいと思います。

このような状況の中、本日からmedibaのメンバーになった新入社員を含めたみなさんに2つ。

自分自身の“意思”、“考え”をもった行動を期待します。

どんなにスキルがあって、どんなに高度なものが創れても、そこに“意思”がないものには、価値は作れない、誰かに価値が伝わるなんてことはないと思います。

そしてもう一つ、“学ぶ心”、“知らないことを知ること”を忘れないでください。

わかっていないことを分かっていることが大事です、それがあるから、知ろうとする行動が生まれます。どれだけ歳をとってもこれは変わりません。

20年度、更に飛躍できるように一緒に頑張っていきましょう。

ようこそmedibaへ!

江幡の挨拶後は、10名の新入社員たちも自宅から全社に向けて挨拶を行いました。

そう、今年度は入社式も延期し、初日から在宅テレワーク勤務となったのです。

このような状況下で入社してくる10名の新入社員の不安を取り除くため、担当部門では事前に綿密な準備を行ってきました。

入社前からPCや各種ツールの接続マニュアル等を自宅へ発送したことで、入社当日はスムーズにオンライン会議が実施できました。

オンライン研修の様子

最初のオリエンテーションから、同期同士のコミュニケーションがとれるようグループワークを取り入れることで、研修担当側からの一方的な発信にならないような工夫も。

オンラインでの実施にも関わらず「最初は不安があったけど、やってみたらすぐ近くにいるような感覚で受講できた」「楽しく受講できた」という前向きなコメントが多くあがっており、初日の感想は好感触だったようです。

一方で、「腰が痛かった」「動かないから疲れた」という声もあがっており、慣れない環境で作業することによる、体調面に対する配慮も今後の課題としてあがっているとのこと。

当面はオンライン上での研修が続きますが、滞りなく遂行できるように、今後も社員一同サポートしていきます。

また、江幡からのメッセージにもありましたように、困難な状況においてもみんなで協力し合い、前に進むことを考えれば、新しい価値の創造につながるはずです。

新年度もmedibaは、新たな仲間とともに社員一丸となってお客様へHappyをお届けしてまいります!

************

medibaには、生き生きと働いている社員がたくさんいます。

medibaの環境に興味がある!一緒に働いてみたい!という方は ぜひ一度こちらを見にきてください。

mediba採用情報

組織・仕事の最新記事