【六一ランチ】夏到来 土用の丑の日は「う」が付く食べ物を

「六一ランチ」シリーズ、今回は7/27(土)の土用の丑の日を目前にひかえた特別編。丑の日といえば鰻が思い浮かびますが、一説によると“丑の「う」”が付く食べ物を食べるのがよいとされているようです。

本記事では鰻以外の「う」メニューも紹介いたしますので、ぜひ当日の参考にしてみてください。

【目次】
つるとんたん六本木店
旬彩 あだち
♯uni Seafood (ウニ シーフード)
串とろ

お腹を空かせた人にこそ行って欲しい 人気うどん料理店『つるとんたん』

六本木交差点を浜松町方面へ少し歩いたところにあるのが「芸能人御用達」ともいわれる『つるとんたん』。こちらでいただく「う」はもちろん、おうどんです。今回は「梅干のおうどん」(税込980円)でダブルの「う」。大きなお鉢からはお出汁と梅のいい香り!いただく際は、見栄えを気にせず最初に梅干しを崩してしまうのがおすすめです。こうすると、香りだけでなくつゆにも梅の酸味がグッと効いてきます。麺はつるんと食べやすく、気持ちコシ強め。おろしに削り節、小口切りのねぎ、海苔、かまぼこなどシンプルな具材と相まって、大変さっぱりいただけます。

最後にひとつ耳寄りな情報を。『つるとんたん』では麺の種類を太麺と細麺から選べますが、じつは量に関しても“三ツ玉まで無料”で変更が可能です。お腹を空かせたときにはぜひ三ツ玉でオーダーしてみてくださいね。

■つるとんたん 六本木店
【営業時間】11:00~翌8:00(LO翌7:30)
【定休日】無休
【電話】03-5786-2626
【アクセス】

肝吸いと共にいただく、家庭的で素朴なうな重『旬彩 あだち』

六本木一丁目から神谷町駅に向かって15分ほど。ひっそりとした佇まいの『旬彩 あだち』では、うな重(税込1,800円)、上(2,500円)、特上(2,900円)のほか、うな玉(税込1,200円)、麦とろ干物膳(税込1,130円)、焼き鳥親子丼((税込850円)など豊富なメニューを取り揃えられています。 筆者は今回、うな重 上をいただきました。まずはセットでついてくる肝吸いをひと口すすり、鰻をお腹に迎え入れる準備を。メインのうな重は、焼き加減がよいのか、素材の良さか、ふっくらと蒸し焼きされた鰻にタレが絡まり、お箸がどんどん進みます。地元から愛されているようで、常連さんも多く、親しみやすい雰囲気のお店です。何よりも、美味しい鰻を比較的リーズナブルなお値段でいただけるのは嬉しいですね。これは穴場かも。

■旬彩 あだち 
【営業時間】平日11:30-14:00 18:00-22:30
【定休日】土日祝日
【電話】03-3433-6016
【アクセス】

夏らしい、開放的な店内でいただく、絶品生ウニパスタ

六本木一丁目から六本木駅に向かって15分ほど。『♯uni Seafood』は少し奥まった場所にありますが、店内は開放的で明るく、とても居心地のいいお店です。平日ランチ※の本日のパスタ(税込880円)、Uni特製シーフードカレー(税込880円)、本日のスペシャルランチ(税込1,000円)、そして生ウニのクリームパスタ(税込1,280円)の4種類から、今日は「う」の付くメニューということで、生「ウ」ニのクリームパスタをいただきました。

写真からはやや量が少ないように見えるかもしれませんが、ギュッと綺麗に盛られているため実はかなりボリュームがあります。女性なら、付け合わせのパンを食べる頃には、お腹がいっぱいになっているかもしれません。ウニとほうれん草の色のコントラストもとても綺麗で、目にも楽しいお料理ですので、ぜひご賞味あれ。

※休日ランチはメニューが異なります。いずれも前菜、スープ、コーヒー付きです。

■♯uni Seafood (ウニ シーフード) 
【営業時間】平日11:30~14:30(LO14:00) 17:30~23:00(LO22:15)
【定休日】水曜日
【電話】03-6447-4832
【アクセス】

「土用しじみ」はいかが? 居酒屋の一番人気になってしまった名物しじみラーメン 

「う」は付きませんが、じつは鰻よりも古くから夏に食べる習慣があったことから「土用しじみ」とも言われるしじみを使った料理をご紹介。東京ミッドタウン向かいのフィッシュ&チップス屋さんの脇を奥に進んださきにある居酒屋『串とろ』。こちらの名物が、青森の素材をふんだんに使った「しじみラーメン900円(税込)」です。ルックスから「これはしじみのラーメンだ」と心の準備をしていても、スープをすすったときの強烈な旨みには驚くはず。 麺は青森の製麺所から取り寄せる特製の縮れ麺。細かく強いウェーブのかかった麺のモチモチとした歯ごたえが堪りません。そして、ちょっと不思議な見た目のチャーシューの正体は“豚トロ”なのだそう。しっかりと煮込まれた豚トロは、焼いた時の歯ごたえと違い、ホロリと崩れる“やわにく”に変身。居酒屋なのに人気メニューになるのもうなずける一品です。

■串とろ
【営業時間】ランチ 11:30~14:00 、ディナー19:00~3:00(LO2:00)
【定休日】日曜、祝日
【電話】03-5786-2626
【アクセス】

過去記事はこちら
【六一ランチ】たまには自分にご褒美を!六本木一丁目の贅沢ランチをご紹介
【六一ランチ】給料日前に必読!六本木一丁目のワンコインランチをご紹介
【六一ランチ】お花見に最適!六本木一丁目でテイクアウトできるお店をご紹介♪

その他の最新記事