「Advertising Week Asia 2018」セッションに登壇してきました!

2018年5月15日、東京ミッドタウンにて開催された「Advertising Week Asia 2018」に
弊社の小野村嘉人が公式モデレーターとして登壇しました。

「Advertising Week Asia」とはマーケティング、広告、テクノロジー、クリエーティブなどの分野で活躍するプロフェッショナルが集結するカンファレンスで、東京での開催は今年で3回目。
ニューヨーク、シドニー、メキシコシティ、ロンドンで開催されるグローバルなイベント、「Advertising Week」の一環として、アジア太平洋地域の各地をはじめ、世界中から関係者が集まり、業界の現状や未来について語り合うビッグイベントです!

medibaでは「インクルージョンへシフトする」と題し、medibaが運営するWebマガジン、『Z TOKYO(※)』が提唱する「インクルージョン」をベースにした新しい概念「Fammunity(ファミュニティ)」についてお話をさせていただきました。

※現在はサービス終了しています

講演前、緊張の面持ち(?)で出番を待つ小野村…

スピーカーには「Z TOKYO」のアドバイザーを務める、電通のクリエーティブディレクター福田崇さん、松井浩太郎さんに参加いただき、モデレーターをmedibaの小野村 嘉人が務めます。

いよいよセッションがスタート。

「インクルージョンとは?」といった学術的な話から、『Z TOKYO』でピックアップをした「インクルージョンな“新しい仲良くなり方”」の事例を紹介。
特に事例の紹介では会場内で笑い声が聞こえるなど、セッションは和やかな雰囲気となりました。

最後には「インクルージョンは頭で考えるようなものではなく、すでに起こっていることである」というお話と、「Family」「Fun」「Fan」 「Facilitate」…などの言葉から生まれた「Fammunity(ファミュニティ)」という新概念をご説明させていただきました。

最後に登壇をした3人で記念撮影♪(緊張から解放されたいい笑顔です!)

セッションを聴講してくださった皆さま、ありがとうございました。

つながりの最新記事