データアナリストの連載『mediba DataAnalyst Life』がスタートします!

データアナリストの篠原です。

medibaのデータアナリストは、プロダクト運営上の様々な意思決定を、定量データおよびそこから立てられる仮説を通して支援する活動をしています。現在、総勢6名が在籍。各メンバーは原則1つのプロダクトチームに所属しており、普段はそこで活動しています。

今日は、私の所属プロダクトで進めているプロジェクトでの、「データアナリストこんなことやってます」的なお話の第1弾になります。内容は、「会員登録導線のCVR改善」です。「ああ、よくあるやつね」と言わず、ぜひお読みください!

これを通して、『mediba DataAnalyst Life』について少しでも興味を持って頂けると嬉しいです。

※篠原のインタビュー記事はこちら

続きを読む

【HAPPYの秘訣】バンドマンから転身。データアナリストに聞く、熱量を持って働き続ける方法

個性豊かなmediba社員の魅力をお伝えする企画「HAPPYの秘訣」。

今回は、データアナリストの篠原正樹(しのはら まさき)。現在39歳の彼は、20代の大半を音楽での成功のために捧げてきた元バンドマン。その彼がなぜ今データアナリストになっているのか。バンド活動との共通点にも触れながら、彼の高い熱量を持った働き方に迫りました。

続きを読む

データ分析は事業に何をもたらすのか?エンジニアが統計学を学ぶわけ

medibaではどんな仕事ができるの?
外からは見えにくいですが、実は多種多様なmedibaのお仕事について、実際に社内で活躍・奮闘する社員を通じてご紹介します。

今回は、フロントエンドエンジニアの苅部。

サービスや事業の成長によりコミットしたいという思いから、統計学を学びながらエンジニアとしてのスキルを高めて活躍しています。なぜ統計学が必要だったのか。エンジニアとしてもアナリストとしても成長を続ける苅部に思いを語ってもらいました。

続きを読む