働きたいママの大仕事『保活』とは?

こんにちは、mediba広報グループです(*´∇`*)

現在、medibaでは多くの女性が活躍しています♪
全社の約50%が女性社員、管理職として働いている方も約20%ほど。

medibaのミッションである『ヒトに”HAPPY”を。』のもと、社員がいきいきと働く会社を目指して様々な制度を整えています。

育児休業制度や時短勤務はもちろん、福利厚生として家事代行のタスカジサービスやベビーシッターサービスなど、女性にとって働きやすい環境作りにも力を注いでいます。
ちなみに、medibaの育児休暇後の職場復帰率は100%です!

しかし職場復帰を臨む女性が年々増えている一方で、現在深刻になっているのが待機児童問題です。

待機児童

東京23区待機児童が多い区市町村ランキング(2016年4月時点) 東京都調べ
1位 世田谷区 1,198人 2位 江戸川区 397人 3位 板橋区 376人

都心部では、認可保育園に入ることが出来ない子どもたちで溢れています。
各市区町村で保育施設への受け入れ人数を増やす取り組みをおこなっていますが、待機児童の人数に追いついていないのが現状です。

これは同時に、働きたいママたちが職場に復帰できない問題でもあります。

そんなママたちがわが子を保育園に入所させるための活動、『保活』が話題となっています。
妊娠中から保育園の見学を回ったり、入所決定率の高い地域に引越をしたり、入所に有利になる労働条件にしたり、情報収集のために各地区の役所を回ったり、わが子を安心して預けられる場を見つけるためのママたちの努力は計り知れません…。

一方で、保育環境が刻々と変化することや情報が氾濫していて、正確な情報が得られないことで、具体的な活動内容の情報や重要性がママたちに浸透していかない問題もあります。

その問題を解決するため、7月よりLAXIC(ラシク)を運営するノヴィータさんと共同で”保活”に関するイベントを開催しています。

記念すべき第1回目は世田谷区と杉並区で待機児童問題に取り組むスペシャリストをお呼びして、保活の実態や知っておくとよい知識を教えていただきました。

沢山の方にご参加いただき、保活に関する疑問や悩みを本音でお話いただきました。ママ達のリアルなお悩みや様々な現状を知り、あらためて、私たちに出来ることはなんなのか、深く考えさせられました。
これからも働くママ達が活躍できるよう、様々な取り組みを行ってまいります!

ヒトに”HAPPY”を。

 

medibaセッション登壇!AWAsia 2016&AWS Summit 2016

こんにちは!mediba広報グループです(ΦωΦ)★

今回は、mediba執行役員2名が、登壇したセッションの様子をご紹介します!

一つ目は、「Advertising Week Asia 2016」です。
広告業界を牽引するプロフェッショナルが集結し、知識や成功の鍵を分かち合う、 世界最大規模のカンファレンスとなります。
今年12周年を迎える本カンファレンスの3カ所目の開催地として、 アジアの中で「日本」が選ばれました。

medibaでは、「東京ポップカルチャー。国境を超えるブランド力の秘密」と題し、「東京」という都市の持つ不思議な魅力とそのビジネスへの可能性について、お話させていただきました。

DSC02564
会場に続々と人が集まり、にわかに高まる緊張感・・・!

スピーカーには、
一般財団法人渋谷区観光協会 理事長である金山 淳吾様と、
Tokyo Otaku Mode Inc. 共同創業者/CEO である亀井 智英様をお呼びしました。
東京、特に渋谷・青山に縁のあるお二人です。
モデレーターを僭越ながら、弊社執行役員である小野村 嘉人が務めます。

DSC02594実際にセッションが始まると、とても和やかな雰囲気が流れます。一安心。

「東京」というキーワードから思い浮かべるものは?という小野村の問いかけに対し、
全員が一致した「人々が行き交う”雑踏”」、その混沌とした場所から生み出される、独特なカルチャーとそこに秘める可能性、気配についてお伝え出来たのではないかと思っています。

最後に記念撮影♪お二人共、ありがとうございました!

DSC02641_加工済

ニつ目は、「AWS Summit Tokyo 2016」です。
「AWS Summit」は、AWS クラウドに関する様々な事例、最新技術、活用方法をご紹介するカンファレンスです。 「AWS Summit Tokyo 2016」は、その中でも世界最大規模のカンファレンスであり、AWS クラウドの最新動向 を、100以上の様々なセッションを通して知ることができます。

こちらでは、「私はこう踏み出した!企業としてのクラウド活用、はじめの一歩 ~IT リーダーが今日から使える実践ノウハウ~ Why, Japanese People! 厚切りジェイソン登場」と題し、クラウドへのシステム移行の”最初の一歩”をどう踏み出したか、について、お話させていただきました。

IMG_4975
こちらもすごい人です・・・!立ち見の方もちらほら。

こちらに登壇するのは、弊社執行役員/CTOである山田 浩和です。
モデレーターとして、
株式会社アイ・ティー・アール 代表取締役/プリンシパル・アナリストである内山 悟志様、
パネリストとして、フジテック株式会社 執行役員 情報システム部長である友岡 賢二様、
タレントの厚切りジェイソンさんとご一緒させていただきました。
IMG_4986こんなお写真まで撮らせていただき、感無量です!

「クラウドへのシステム移行を実践した企業の IT リーダー」ということで、AWS導入のキッカケから、どのような体制で推進したのか、社内事情をあますところなくお伝えしました。
厚切りジェイソンさんの鋭いツッコミに、会場も盛り上がりました!

セッションを聴講してくださった皆さまに、改めて熱く御礼申し上げますm(_ _)m
また、登壇のご依頼もお待ちしております!!!(力こぶ)

ヒトに”HAPPY”を。

一年の功績を讃えて・・・mediba awards 2015

こんにちは。mediba広報グループです(*^^*)

先日、一年の成果を表彰するmediba awards 2015が開催されました!
その様子を、広報グループに配属されました、新人のMよりレポートさせていただきますm(_ _)m

award

「mediba awards」とは、medibaに『新しい価値』を創出したお仕事を社員全員で表彰する、一大イベントです。

賞は、全部で3種類。
社員全員の投票で決まる「Award selected by Employee」、
社長、副社長、執行役員の投票で決定する「Award selected by Management」、
そして、惜しくも上記2つの受賞を逃したものの、そのチャレンジを讃え、来年のさらなる成長に期待できると評価された場合に贈られる「特別賞」です。

「みんなでエントリーして、みんなで投票して、みんなで称え合う」
mediba ならではの取り組みの一つです。

DSC02465.blog-crop

会場もお手製レッドカーペットが敷かれるなど本格的!!
お恥ずかしながら、配属最初のお仕事として、わたくし新人Mが、司会という大役を務めさせていただきました♪

blog

緊張で目の前が真っ白になったりもしましたが、頼りになる上司とペアを組み、なんとか乗り切りました・・・!

それでは早速、特別賞からご紹介。今回はグローバルメディア事業本部より、2つの案件が選ばれました!
1つ目は、”ベトナムでの「mGift」のリリース”です。

medibaは2016年4月に、現地最大手の国営携帯通信キャリアであるViettel Telecomと協業し、Viettel モバイルユーザー向け会員特典サービス 「mGift」をリリースいたしました。(詳しくはニュースリリースを御覧ください)

ベトナムに駐在所を開設してから約4年、数々の困難がありました。厳しい環境の中でも、日本で行っている既存事業に依存しない形での、サービスリリースを成し遂げたこと、ベトナム国営携帯通信キャリアとの強いリレーションを築き上げたことが高い評価を受けました!

2つ目は、”ミャンマーでの「LO TA YA」リリース”です。

アジアのラストフロンティアといわれるミャンマーで、2016年3月に国内初となるポータルサービス「Lo TA YA」の提供を開始しました。
※medibaは、国営郵便・電気通信事業体であるMPT(Myanma Posts and Telecommunications)とKDDI社とともに、2015年7月より本プロジェクトに支援メンバーとして参加。文化や国民性などが全く異なる場所で、初のポータルサイトを立ち上げると決断したこと、medibaが今まで培ってきたWEBビジネスのノウハウをフルに活用し、プロジェクトを牽引したことが高く評価されました!

vietnam_blogDSC_0149_blog_new

現在medibaではベトナム、ミャンマーを中心としたグローバル事業に力を注いでいます。
慣れ親しんだ日本とは全く異なる環境で戦うmedibaメンバーの頑張りが、全社として評価され、今回の特別賞に繋がりました!

続きまして、「Award selected by Management」を受賞したのは・・・
auデイリーメディア推進部による”au ヘッドラインにおけるニュース編成力向上施策”です。

ユーザー目線を徹底的に追求し、課題を洗い出し、独自の省略タイトルの導入や編成マインドの共通化など、解決の施策を実践、1年で利用者が2倍にまで成長しました。

DSC02710.blog

au ヘッドラインの信頼向上にも繋がり、ユーザーに対して『新しい価値』を創出したとして、今回の受賞となりました。
私も毎日チェックしていますが、見出しが非常に魅力的です(^^)/

いよいよラスト、「Award selected by Employee」に選ばれたのは・・・
情報システム部による”情報セキュリティ対策の短期実現”です!!

DSC02540

昨今話題の情報セキュリティ、ひとたび情報漏えいが発生すれば、medibaだけでなく、関わる企業やユーザーなど全ての方に影響を及ぼします。

我々が扱わせていただいている情報の規模は非常に大きく、また重要だと認識しています。そのため、扱う情報に見合ったセキュリティ対策の実施は必須。それを非常に短い期間で実現、KDDIグループの中でも模範例として高い評価を得たことから、medibaに関わってくださる、すべての方に対して『新しい価値』を提供したとし、今回の受賞に至りました。

情報セキュリティにおける信頼構築は、決して1人で出来るものではありません。
一人ひとりの心がけや、組織としての仕組み化など、社員全員の協力が不可欠です。
受賞スピーチの中でも、「社員の皆様のご協力にひたすら感謝している」といったコメントが何度もあり、胸を打たれました・・・!

みなさま、受賞おめでとうございます!!

受賞した方々には、栄光の証として、このキラキラ輝くトロフィーが贈呈されました。
その他、副賞としてmediba awardsのロゴが入ったクッキー&本革IDカードケースもプレゼント。カードケースは贈呈後、すぐに使っている社員も…☆

DSC02730.blog

最後に、初めてこのイベントに参加した感想を・・・

本イベントを通して、新たなチャレンジを積極的に評価してくれる、また社員を大切にしているmedibaの企業風土を感じました。

また、各部署がどのような思いで、どのような仕事をしているのか知り、自らの仕事に対する成果について考えるきっかけとなりました。

2016年度も多くの成果をあげられるように、社員一同頑張ってまいります!!

ヒトに”HAPPY”を。

 

 

ミャンマー初のポータルサイト「LO TA YA」誕生!~mediba漫遊記①

2016年3月17日、ミャンマー国初となるポータルサイト「LO TA YA」が誕生しました。

その歴史ある瞬間に、なんと、medibaも立ち会うことに・・・!

ロゴ

 

実は、国営郵便・電気通信事業体であるMPT(Myanma Posts and Telecommunications)とKDDI社とともに、medibaも2015年7月より本プロジェクトに支援メンバーとして参加しています。

ミャンマーは「アジア最後のフロンティア」ともよばれ、これから大きな経済成長が見込まれる国の一つです。国民の温厚な人柄・勤勉な性格でも知られ、日本とは、長く友好的な関係を築いてきました。

24251739691_0e0fa7e440 (1)

携帯事業においては、国民の平均年齢が若く、これから携帯電話を多く持つ人が増えるとされていますが、「SIMカードによるプリペイド式」という点が、成長における大きなネックとなっています。

今回の立ち上げの際にも、通信の度に費用がかかるこの国の市場背景において、「ポータルサイトがどの程度受け入れられる」のか、度々議論となりました。しかし、「やってみないと何も始まらない、初めての挑戦には、その時にしか味わえない経験と価値がある!」と全員の気持ちをひとつにし、本プロジェクトを発足しました。

立ち上げメンバー
(立ち上げメンバー。過酷な条件の中、本当に力を尽くしてくれました・・・!)

言語や文化の違いにぶつかり、思い通りに進むことの方が少ない日々を切り抜け、ローンチまでこぎつけることができました。

ポータルサイトの名前「LO TA YA」とは、ミャンマー語で「Everything you want and you can get it」という意味です。
(ちなみに、この名前もローンチ1週間前に決定するというギリギリ具合。冷や汗が止まりませんでした・・・)

サービスは、①デイリーツールである検索機能、天気予報、為替情報、ニュース、②お楽しみコンテンツとして、小説、クロスワードパズル、最後に③MPTサービスとしてVas(Value-added service)を提供しています。(第2弾として、くじ引きコンテンツやクーポンの配信も予定)

画面キャプチャ

ミャンマー国初ということもあり、ローンチ当日は大々的に記者イベントが開かれ、その様子は、地元メディアでも多数取り上げられました。

⇒現地MPT公式ページでの告知(注:ミャンマー語)
⇒現地メディアでの報道そのいちそのに(注:ミャンマー語)

会場2_角度調整

イベント参加
(medibaもイベントにお邪魔させていただきました♪)

この「LO TA YA」は、まだ生まれたばかりで、小さな力しか持っていませんが、これから様々なビジネスを生む場所として育っていくはずです。私たちmedibaもそれを全力で支援していきます。

異国の地、ミャンマーで産声を上げた「LO TA YA」に“HAPPY”を!

 

2016年度入社式(*˘︶˘*).。.:*♡

こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

本日、2016年度入社式を無事執り行うことが出来ました。
東京本社に14名、沖縄支店に3名の新メンバーが仲間入り♪

★DSC_0022 (2)_加工済
(一列に並ぶと圧巻です・・・!)

入社式では、代表取締役社長 海本より、祝辞が贈られました。
和やかなムードで緊張していたメンバーにも笑顔が(*^^*)

★DSC_0090 (2)_加工済

また、入社メンバーからは、入社するにあたっての決意表明を。
今日から社会人、不安と期待がいっぱいです・・・!

★SC_0164_加工済

これからどんな社会人に育ってくれるのか・・・
成長していく姿を見るのが楽しみです(*´ω`*)

★DSC_0105 (2)_加工済★DSC_0180_加工済

medibaの一員として、これから一緒に頑張っていきましょうね♪

===========================
さて、来年も素敵なメンバーを迎えたいと思います。
2017年度エントリーはこちらから

ヒトに”HAPPY”を。

サービスを通して社会を豊かに!スタートアップセミナー

こんにちは、mediba広報グループです♪

今回は、先日行われたスタートアップセミナーについてレポートします。テーマは「サービスで社会の課題解決、生活を豊かに」です。

3名の起業家にお越しいただき、サービスを立ち上げたキッカケやキャリアの選択、日々の生活との両立をどのようにしているか等、をお話いただきました。

お一人目は、株式会社メデテの代表取締役 佐々木 美紗様
メデテさんは、漢方茶をソリューションとするヘルスケアベンチャーです。

漢方茶専門のオンラインショップやオフィスで簡単にセルフメンテナンスできる「オフィスde漢方茶」などを手がけています(medibaでも導入中です♡)★DSC00098

「人々が健康でいきいき暮らせるように」
勤めていた会社で、新規事業を成功させ、分社独立した経験を持つ佐々木さん。その時感じたご自身の不甲斐なさや新たなチャレンジへの意欲から、メデテの起業を決めたそう。自己資本・店舗事業・人材への 「3つのこだわり」が招いた失敗を赤裸々に語ってくださいました。その全てが、今の事業展開に活きている点も非常に興味深かったです(*^^*)

お二人目は株式会社Nicogoryの代表取締役 浦野 幸様
法律を使って人生を切り開く 法律問題ポケット執事「Nicogory β版」を運営されています。

人生の局面で生じる法律問題に対する向き合い方を、利用者が理解しやすい体系で提示し、内容に応じて専門家を紹介するサービスを運営しています(どんな時に使うか、わからない方はコチラ)

★DSC00103(角度調整)
「人々が幸せに暮らせるように」
大学1年生の時、約40カ国を放浪する中で、カンボジアの子どもたちの創造性に触れたエピソードから、幸せに暮らすとは「社会的な繋がりの中で、自分の人生に積極的に参加すること」であると定義し、それをサポートする仕組みを作ろうと研究者を経て、起業に至るまでの過程をお話いただきました。認知特性から法律データをパターン化、パーツ化していくアプローチは、浦野さんご自身の感情を科学する研究が活きています。法律は、ほとんどのヒトが利用するにも関わらず「個別性の高い」サービスがあまりない、という言葉にハッとさせられました。
 空白
ラストを飾るのは、ブランニュウスタイル株式会社の代表取締役 和田 幸子様medibaも業務提携している家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」

小さいお子様を育てる共働きファミリーの負担を少しでも軽くしたい、という想いで創業。家事をお仕事にしたい人と家事代行をお願いしたい人・家族とをマッチングしています。

リリースから1年半でユーザー3500人と驚異的なペースで利用者が増えている秘密を語っていただきました。「レビューによる改善点のフィードバック」と「感謝の気持ち」で自律的にサービスが成長していく仕組みには会場も興味津々。UberやAirBnbとは異なる、”定期利用”するシェアリングエコノミーならではの価値提供の工夫が随所に凝らされていることに感動!起業するにあたっての、「起業するテーマに愛を持てるかどうか」という独自の基準点もご紹介いただきました。

参加者の方からもたくさんのご感想・ご質問をいただき、とても素敵な会になりました♪

 ヒトに”HAPPY”を。

★mediba忘年会2015&年末年始営業日のお知らせ★

こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

Merry Christmas♪今回は、先日行われた忘年会の様子をレポートします。
今年は中央に巨大なステージがある会場です。とっても華やか!

★DSC09868

この日ばかりは年末の慌ただしさを忘れ、お互いに一年の労をねぎらいます。
お酒の美味さが胃に染み渡ります・・・。ビール最高!

★DSC09893

★DSC09920

最初のコンテンツは、2016年度内定者の自己紹介ムービー。
mediba社員に対して、どうしたら自分たちをアピールできるのか、考えに考え抜いて創りあげました。年々内容が濃く、レベルが上がっていくのが楽しみです♪

★DSC09820

会場の盛り上がりも最高潮。そこへ突如現れた10個の箱。
豪華景品を賭けた運試しルーレットが始まります・・・!

★DSC09892

厳正なる抽選の結果、豪華賞品を獲得した方はコチラ。
2016年度内定者2名もちゃっかり商品をGETしていました。笑
ビールサーバーやアロマディフューザー、マッサージクッションにディズニーランドペアチケットなど、皆の嬉しそうな顔ლ(´ڡ`ლ)ワタシニモクダサイ

★DSC09917トリミング-tile

medibaの忘年会は、その年に入社した新卒メンバーが、全ての中心となって行います。
通常の業務(年末でとても忙しいはず)もこなしながら、企画から物品調達、当日の運営まで。本当にお疲れ様!

★DSC09883

ラストは、副社長である神戸の「1、2、3、ダー!!!」でシメ。

★DSC09946

今年も残すところ、あと数日。本当に一年お疲れ様でした(*^^*)

最後に、medibaの年末年始営業日についてですが、
年末は【12月28日(月)】まで、年始は【1月4日(月)9時半】からの営業となります。

では皆さん、良いお年を~(*^^*)

ヒトに”HAPPY”を。

 

 

上司から部下へ、日頃の「ありがとう」を全力で伝える-mediba感謝祭2015

こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

今年もやってまいりました、上司が部下に精一杯の「おもてなし」を披露するスペシャルイベント、mediba感謝祭。※昨年の様子はコチラ

スタートと同時に、会場にドドーッとヒトが押し寄せました。
社外スペースが熱気でいっぱいに・・・!

今年のおもてなしメニューはこちらの4品。
いずれも、ほっぺた落ちそうなくらい、美味しかったです〜!

★写真 2015-12-04 17 53 13-tile

ご飯だけじゃありません。
趣向を凝らしたゲームもご用意。

「叩いてかぶってじゃんけんぽん!」
尊敬している上司を叩くなんて・・・と思いつつ、振り下ろす腕に迷いがないですね。笑

★写真 2015-12-04 19 00 25-vert

「射的大会」
ニクい上司の顔に一発・・・!というのは冗談ですが(苦笑)、無邪気な顔で射的銃にコルクを詰めるメンバーの顔を見ながら、ニヤニヤしてしまいました。

★写真 2015-12-04 17 28 04-vert

上司が一生懸命カレーを注いでくれる姿、お皿の周りを丁寧に吹き、「いつもありがとう」と照れながら渡してくれる姿にグッときました・・・!

★写真 2015-12-04 18 12 37

あちこちで楽しそうな笑い声がします。
仕事をしている時とはまた違った、リラックスした表情が印象的です。

★写真 2015-12-04 18 42 01

★写真 2015-12-04 18 38 59

今年のmediba感謝祭も、大盛況のうちに幕を閉じました。

さて、

実は、去る12月6日はmedibaの設立記念日。
ここまで走り続けてこられたのも、medibaに関わってくださる皆さまのおかげです。
ありがとうございます、そして、これからも宜しくお願いいたしますm(__)m

★写真 2015-12-04 17 30 33

ヒトに”HAPPY”を。

心をひとつに、チームmediba~KDDIスポーツフェスティバル

こんにちは、mediba広報グループです(*^^*)

先週末、「KDDIスポーツフェスティバル2015」に参加してまいりました。
mediba精鋭メンバーの勇姿をカメラに収めてまいりましたので、レポートいたします♪

雨降りしきる中、会場へ到着。
防寒対策はバッチリしてきましたが、栃木の寒さは半端じゃなかったです。。

★new_pic (38)

開会式の後、一発目の競技は「駅伝」!
陸上部出身はもちろん、バスケ・サッカー・ラクビー・水泳(?)など各社実力者揃い。
medibaメンバーも気合入ってます!(*´ω`*)

%e2%98%85new_pic-58

 

準備運動もバッチリ。怪我しないようにしっかり柔軟します。

★new_pic (66)_加工

mediba管理部門の雄、T梨選手のスタートダッシュからスタート。
内周の好位置を確保し、順調な滑り出しです。

タスキはテニスプレイヤー、T前選手に引き継がれます。
顔色一つ変えない強靭な精神力で走りきり、更に順位を伸ばします。

★new_pic (8)

さらに、アイドル大好き、フットサルコーチも務めるN宮選手、
男子顔負けの腹筋を持つ、チアリーダーK田選手へとタスキが繋がれていきます。
20代メンバーの若さ溢れる走りで上位に食い込みます!

★new_pic (33)-horz

若手に負けて入られません。30代管理職メンバーも大奮闘!

デュアスロンで大会入賞経験もあるM上選手から、
medibaの”進撃の巨人”、T村選手へとタスキが繋がれます。

★new_pic (10)

今も現役でラグビーを続けているT村選手、圧倒的なパワーとスピードで後続を突き放します。★IMG_3529

いよいよアンカー。mediba営業部の柱、T中選手。
余裕たっぷりのこの表情・・・(^_^;)
チームカラーの黄色に合わせたニット帽が異彩を放っております。

★new_pic (44)_加工

最後の一周、スタートは余裕の表情だったT中選手が渾身のラストスパート・・・!
これにはmediba応援団からの黄色い声援も一段と大きくなりました(*´ω`*)

★new_pic (46)_加工

結果としては、33チーム中8位入賞!チーム名が呼ばれた瞬間の笑顔にほっこり♪

★IMG_3528_加工_リサイズ

お次は「チーム対抗リレー」
出場選手中最速記録保持者(10.7秒/100m)であるS原選手の登場です。
アンカーという大役をいただき、若干緊張気味。

★new_pic (40)_加工

ラスト、トラックを一周する速さに、他チームからも歓声が上がりました。
さすがはmedibaのウサイン・ボルト!

★new_pic (12)

スポーツフェスティバルの締めは、まぐろの解体ショー(*^^*)
マグロの大きさと捌く方の目の鋭さに尻込み。
★new_pic (13)

初めて参加させていただいた、KDDIスポーツフェスティバル。
実際に出場したメンバーはもちろん、入念な準備をしてくれたメンバー、当日応援に来てくれたメンバー。社内SNSでの報告を楽しみにしていたメンバー。
様々な方の協力があって、チームとしての一体感が高まったような気がします(*^^*)

スポーツフェスティバル

来年は1位入賞を目指しましょう♪

ヒトに”HAPPY”を。

2016年度入社、内定式♪

こんにちは、mediba広報グループです♪

2015/10/1(木)、mediba第8期生の内定証書授与式が執り行われました。

内定証書授与後、弊社代表取締役社長である海本より祝辞が贈られました。
「やりきる」ことの大切さを真剣に語りかける姿を見つめ、熱心に頷く様子が印象的でした。

海本からのメッセージを受け止め、学生生活を「やりきって」入社してくれると期待してます!笑DSC09366

さて今年は、どんな逸材がmedibaメンバーに加わってくれるのか。
我々自身も、毎年ワクワクしながらこの日を迎えています。

2016年度内定者は合計14名、medibaとしては過去最多の人数です。
彼らがどんな軌跡を描いてくれるのか、medibaにどんな変革をもたらしてくれるのか、想像が膨らみます。

改めて、皆さん内定おめでとうございます!
来年の4月、お待ちしております(*^^*)
DSC09376