海本代表取締役社長、退任

2018年6月13日をもって、弊社代表取締役社長を務めた海本が退任となりました。

4年間medibaを支え続けた海本の卒業を祝し、セレモニーや送別会が開かれ、惜しまれながらの退任となりました。

「mediba’sCREDO」は海本が発起人となり2013年10月に完成、弊社のミッションである「ヒトに“HAPPY”を」が誕生しました。

4年を経て、このミッションはすっかり社内全体に浸透し、今では決断に迷った際の大切な指標となっています。

「ヒト」はユーザーだけでなく、社員やその家族も含まれている言葉です。

かつて、海本はこんな言葉を残しています。

「medibaは、社員が幸せに働き、そして世の中にも幸せを届ける。
『ヒトのHappy』を一番大切にする会社として、社員ひとりひとりやその家族に対して、日本に対して、そして世界に対して、これからも使命を果たしていきたいと思っています。」

海本は常日頃から社員を気にかけ、社員の成長を応援し、そして、それぞれの意思を尊重していました。
社員にとっては、こういった海本の考え、姿勢そのものが励みになっていました。

送別会でも、「海本さんと話したい!」「ありがとうと伝えたい!」と、普段は話しかける機会が少ない社員も海本の周りに集まり、大きな輪が広がっていました。

この度退任という運びにはなりましたが、海本が残したたくさんの“HAPPY”はきっとこれからも受け継がれていくだろうと思います。

medibaは社員一丸となり、たくさんのヒトへHAPPYを届けるチャレンジを続けます。
これからも見守っていてください!