mediba初のゲームビジネスセミナーがスタート!!

3/19(月)、medibaヒカリエオフィスにてゲームビジネスセミナーを開催しました。
題して「G3 – Game genius gathering」。

auゲームゲームギフトなどの事業を通じゲーム業界に携わる企業の一員として、「ゲーム産業の発展に少しでも貢献したい」「業界全体の発展のために何ができるだろうか」と考えたときに、マーケ・開発・運営・CS・採用など様々な切り口で、もっとナレッジの共有ができた方が良いのではないかと考え、セミナーの開催に至りました。

(と語る弊社ゲーム事業担当の近藤)

記念すべき第一回は
ゲームプロデューサー 高大輔氏
株式会社ディー・エヌ・エー ゲームプロデューサー 香城卓氏
の2名をスピーカーにお迎えしました。

(高大輔氏)

(香城卓氏)

高大輔氏には「売れるゲームを勝率100%で作る方法」というテーマでお話していただきました。
企画、開発、マーケティングなどの全フェーズにおける小さな一挙手一投足も、全てが勝率を上げるためのストーリー上にあるのだということ、また結果を予測して常に先手を打つ姿勢、など非常に勉強になりました。

(お話の中でCBT(クローズドベータテスト)事例として、弊社のゲームギフトをお褒めいただきました。ありがとうございました!)

続いて、香城卓氏に「コミュニティドリヴンのゲーム運用」というテーマでお話していただきました。
ご自身がプロデュースされた人気ゲームタイトル『逆転オセロニア』での実話を通して、プレイヤー同士の繋がりや、プレイヤーとメーカーとの繋がりがいかに大切か、というお話をしていただきました。
すぐには結果がでなくとも必ず結果はついてくる、とアツく語られていた姿が印象的でした。

お二人ともとてもプレイヤーを大切にされていて、作品を通じてそれぞれの手法でプレイヤーとコミュニケーションをとられていました。
(ゲームに限った話ではないですが、)サービスを受け取る側の人のことを真摯に考えている人が作ったものはヒットするのですね。

講演のあとは交流会を行いました。
ご同業の皆さんの集まりなだけあって、お話は尽きないご様子でした。

「G3 – Game genius gathering」、第一回にしてとても有意義な会になりました。
講演いただいた高さん、香城さん、そしてご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。