Value Award 2017

KDDIのバリュー事業企画本部、新規ビジネス推進本部が主催する「Value Award 2017」決勝の応援に行ってきました。
なんと!medibaのプロジェクト「UQライフ」が決勝に勝ち進んでいたのです。

Value Awardは2016年度より始まったアワードで、今回で2回目の開催だそうです。
それまでにも類似の賞はあったのですが、「よりKDDI社員やグループ会社社員のモチベーションアップに繋がるアワードを」ということで、Value Awardの事務局によってバージョンアップされたとのこと。素敵な取り組みですね。

2017年度の選考には事業部、グループ会社から29案件がエントリーされましたが、予選で5案件まで絞り込まれました。
この中にmedibaのUQライフプロジェクトが勝ち残ったというわけです。

「UQライフ」はUQモバイル向けのポータルサービスで、通信モードによる表示切替など便利な機能を搭載しています。
medibaが今まで培ってきたauポータル、auスマートパスなどの開発・運営技術を生かし、UQモバイルユーザーの皆さまへ最新ニュースや検索サービス、占い、天気などの日常的にお使いいただける情報をお届けしています。

参考プレスリリース:UQモバイル向けポータル「UQライフ」サービス開始 ~必要なときにいつでも寄り添うポータルを実現~

さて、Value Award 2017ですが、決勝に勝ち進んだ5つのプロジェクトから順番にプレゼンテーションがあります。
UQライフプロジェクトの出番にはこの通り、応援団もうちわを持って登場。

※「ばか」ではありません。「がんばれ」が運(タイミング)悪くこうなりました。

応援を受けて、UQライフプロジェクトの2人が出陣!

全てのプレゼンテーションが全て終わると、オンラインで投票が開始されました。
そして、運命の結果発表…。

(ドキドキ)

残念ながら、medibaは受賞できませんでした…。
でも数あるプロジェクトの中から決勝まで選んでいただけたことだけで、とても誇らしいことですね。
健闘に拍手!

決勝に残った全てのプロジェクトが、どれも本当に素晴らしい取り組みでした。
ここへくるまでの苦難、ときには失敗を一丸となって乗り越えて勝ち取った成果、そんな輝きをどのチームからも感じ、その熱量にワクワクしました。
また来年もmedibaの社員がここに立てますように。

まもなく始まる2018年度も全速前進です。