2016年度入社者に聞く。medibaでの1年目とは・・・☆No.3

こんにちは、mediba広報グループです(●´ω`●)

早くも第3回目、2016年新卒入社者へのインタビューをお届けいたします☆

今回は、広告ビジネス推進部からYさん、Mくんが登場です。

Q1. どのような業務を担当していますか?その仕事のやりがいについても教えてください。Yさん: 「au Webポータル」というメディアのマネタイズと広告商品の企画を担当しています。自分の企画した広告を毎日多くのユーザーに「ちょっといいを届ける」にやりがいを感じています。

Mくん:「au WALLETポイントプログラム 貯める」サイトの企画・運用業務を行っています。自分もYさんと被ってしまうのですが、自分の担当するサイトを多くのユーザーに使ってもらえるのが嬉しいです。

Q2. medibaに入社したきっかけについて教えてください。

Yさん:学生時代は食に関する勉強をしていて、まさかIT業界に飛び込むとは思ってもいませんでした。就職活動では何をするかよりも誰と仕事をするかを重視していました。その中でmedibaの面談や選考でお会いする方々に魅力を感じ、入社を決めました。

Q3. medibaの好きなところ、魅力って何ですか?

Mくん:経験問わず挑戦させてもらえることです。ひとつのサービスを開発・制作ディレクションからリリースまで担当させていただき、1年目から貴重な経験ができています。リリースまでの道のりは険しく苦労することも多いですが、やり遂げた時は何ものにも代え難い達成感を噛みしめています。

Yさん:経営層を含め周りの方々が新人や若手の成長に対して妥協しない姿勢です。社内ではやりたいことをただ伝えるだけでなく、全てにおいて「なぜ」を突き詰める姿勢があります。1年目から意見に耳を傾けてもらえる環境だからこそ、自分が出した意見の根拠を求められます。簡単なことではないですが、徹底的に考える時間こそが成長の糧になっていると思います。

Q4. 仕事をする上で、特に大切にしているmedibaの CREDOは何ですか?

Yさん:「笑顔を忘れずに」です。忙しい時でも笑顔を忘れないことで少し自分の心に余裕が持つことができ、一緒に働く方々に対する接し方も変わってきます。以前は常に笑顔でいることに苦手意識がありましたが、チームで仕事をする上でとても重要なことをCREDOが教えてくれました。

Mくん:「想像を超えて感動を与える」です。依頼された業務をそのまま形にするのではなく、「なぜこの方法なのか」「他にもっと良い方法はないか」など自分の考えを突き詰めて相手の期待を超えた形でアウトプットを出すように心がけています。それがサービスの先にいるユーザーに感動として届けられると信じています。

Q5. これからmedibaで挑戦したいことは何ですか?

Mくん:「ヒトに"HAPPY"を。」与えられるようなサービスを自分で1から企画して立ち上げたいです。ディレクターとしてスキルを上げるためにも、開発やデザインの勉強にもさらに力を注いでいきたいです。そして多くのエンジニアやデザイナーから信頼されるWebディレクターを目指します。

Q6. 最後に、これから就職活動を頑張る学生の皆さんに対して応援メッセージをお願いします!

Yさん:まずはより多くの社会人との接点を作ってみてください。働くことへのイメージを具現化することが、やりたいことを見つける近道だと思います。OB/OG訪問や会社への連絡は非常に勇気のいることですが、その行動力こそどこの会社も求めていることだと思います。気になる会社や人には是非積極的にアプローチしてみてください。

Mさん:興味を持った会社があれば、自分で足を運び会社の人と話をしてみてください。会社の人達は学生のみなさんと話すことを楽しみにしていると思います。会社の人や雰囲気はどこに行っても全然違います。私は地方出身ですがmedibaに興味を持ったときにはすぐオフィスにまで足を運びました。自分の目で確かめて、運命の会社と出会ってください。

*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-*-。-**-。-*-。-*-。-

普段、同期の中ではなかなか見られない表情を見せてくれた二人(´-`)

まだまだ自分の知らない同期の一面は隠れているようです。これからのインタビューもワクワク♪

 

次回はムードメーカーといったらやっぱりこの人達★

パワー溢れるおふたりをご紹介します!

次回もお楽しみに(^^)

ヒトに”HAPPY”を。