2016年度入社者に聞く。medibaでの1年目とは・・・☆No.1

こんにちは、mediba広報グループです(*´∇`*)

 

2016年度入社、新人Mの同期でもある新卒メンバーもまもなく2年目を迎えようとしています。現場で活躍し始めている彼らが実際どんな業務をしているか、medibaで1年働いてどんな想いを持っているのか、突撃取材してきました★

今回は、メディア企画部からHさんとTくんをご紹介いたします。

Q1. どのような業務を担当していますか?その仕事のやりがいについても教えてください。

%e2%98%86dsc09252

Hさん: 10代女性向けのファッションアプリ「MANT」の運用・企画を担当しています。実際にユーザーさんとお会いして意見を聞いて、新しい企画にどんどん取り入れられることが大きなやりがいになっています。

dsc09272%e5%8a%a0%e5%b7%a5%e6%b8%88%e3%81%bf

Tくん:auスマートパス会員向けのゲームプラットフォーム「auゲーム」の広告プロモーション企画を担当しています。自分で考えた広告が、利益や流入数などに結果として現れること、また「au」というブランドをフルに活用できることにとてもやりがいを感じます。

Q2. medibaに入社したきっかけについて教えてください。

Tくん: 就職活動では「自分の意見を発言しやすいこと」「挑戦できる環境」「グローバル展開していること」この3点を重視していました。medibaはこの3点をすべて網羅していて、面接でも自分のやりたいことを前向きにとらえていただけたことが入社の決め手になりました。

Q3. medibaの好きなところ、魅力って何ですか?

Hさん:自分の意見・意志を持つという風土です。言われたことにただ従って動くだけでは、自身の存在価値は全く上がらないと感じ、「自分の意見・意志」を強く意識しています。

Tさん:とにかくフラットな関係が魅力です。入社前は大きな会社の下でお堅い雰囲気かと思っていましたが、年齢に関係なく自分のやりたいことを打ち明けられます。

Q4. 仕事する上で特に大切にしているmediba のCREDOは何ですか?

%e2%98%86dsc09223

Hさん:「笑顔を忘れずに」です。仕事をしていると、苦しい局面にもぶつかりますが、「楽しい」を提供する身として、自分も楽しくないと良いアイデアは浮かびません。苦しんで悩んで沈みますが、短期間での切り替えを意識しています。苦しいときこそ笑顔が大切です。

Tさん:「本気・本音でぶつかる」です。ユーザーファーストなサービスを提供するためにも妥協はせず、議論を重ねてアイデアを出し合うようにしています。フラットな関係とこのCREDOがあるからこそできることだと思います。

Q5. これからmedibaで挑戦したいことは何ですか?

Hさん:サービスの先にいるユーザーに「一緒に盛り上げていきたい」と感じてもらいたいです。サービスと出会って前向きになれる人が一人でも増えるよう、自分自身もワクワクするようなサービスを打ち出していきたいです。

Q6. 最後に、これから就職活動を頑張る学生の皆さんに対して応援メッセージをお願いします!%e2%98%86dsc09244

Hさん:就職活動は、あくまでも人生のワンステップです。「行きたい企業に就職すること」はゴールではありません。この先自分がどうなりたいか、どう生きたいかを長い目で考えた上で、色んなルートを模索してみてください。

Tくん:就職活動ではあらゆる情報が交錯し何を信じたら良いのかわからなくなることがあると思います。企業も人もそれぞれです。まずは自分の目で確かめて、会社の雰囲気を肌で感じてください。自分、そして会社を信じて、就職活動を乗り切ってください。

+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─+─

おふたりとも、ありがとうございました!

今後もおふたりが担当するサービスの進化から目が離せないですねヽ(´▽`)/

次回はみんなご存知あのサービスを担当する3名をご紹介します。

お楽しみに♪

 

ヒトに”HAPPY”を。