第1回広告新卒勉強会「人の行動変化とこれからの広告」について

こんにちは、広報グループ原田です。
6月21日(金)、第1回目「広告新卒勉強会」がmedibaにて開催されました。

「同じ業界で働く新卒と交流したい!」というmediba本年度入社4名の想いから実現した本イベント。
たった4人で、企画から、集客、準備までをこなし、なんと80名もの来場者にお越しいただきました!

↓主役はフレッシュマン!・・・というわけで、弊社の本部長や部長らがイベントをサポート

 受付や誘導係に徹しております。絵的にかなり違和感が・・・(笑)

 株式会社スケールアウトの菅原氏をお招きし、
「人の行動変化とこれからの広告」をテーマに勉強会がスタート!

 皆さん、PCを持参で参戦。
カタカタとメモを取りながら、熱心に耳を傾けていました。

 「グーグル」、「オバマ大統領選挙」を事例に、コミュニケーションのデジタル化やビッグデータの蓄積、処理、運用の重要性についてお話いただきました。私も思わずメモメモ・・・

 勉強会の後は懇親会
同世代ということもあり、お互いが積極的に話し掛け、貴重な情報交換の場となりました。
飲み物を片手に終始盛り上がっている様子でした!

 80名の若者が集結する機会はなかなかないので、
新鮮な光景・・・。フレッシュ(?)な熱気に包まれていました。

キャンセル待ちが出る程の大盛況でしたので、調子づいて第2回目も開催予定!(笑)
次回も渋谷ヒカリエ31Fでお会いしましょう♪

 (詳細は http://www.facebook.com/mediba.inc でご案内します)

プロジェクトメンバーの皆さん、お疲れ様でした!

ダイバーシティについて

こんにちは、広報グループ原田です。
気象庁が梅雨入りを発表してから、しばらくいいお天気続きだったので、今年の梅雨を甘く見ていたところ・・・なんと台風3号がカミングスーン・・・!外出の際は、くれぐれもご注意くださいね。

話は変わりますが、近年「ダイバーシティ」というワードをよく耳にするようになりました。
「ダイバーシティ」とは、いわゆる「多様性」を指す言葉。企業が性別、年齢、人種、宗教、価値観といった「多様性」を積極的に受け入れることで、優秀な人材を確保し、ビジネスに繋げていこうとする考え方です。グローバル化が進む中、日本社会においても「ダイバーシティ」がより重要になりつつあります。

特に、女性の社会進出は、著しいように見えて、国際的にはまだまだ遅れをとっているのが現状です・・・。今年、MasterCard社がアジア・太平洋地域の企業と政府に向けて、女性の「労働力参加」「正規雇用機会」「中等教育」「高等教育」「事業所有」「企業管理職」「政府機関管理職」の割合をもとに女性の社会進出度を調査。なんと、14ヶ国中、日本は13位という悲しい結果に・・・日本には、肉食系ガール(?)や、エネルギッシュで有能な女性がたくさんいるにも関わらず、活躍できる機会が少ないのはとても残念なことですよね?

    ※参照:Master Card女性の社会進出度調査より

そんな中、積極的にダイバーシティへ取り組む日本の大手企業も増えつつあります。
東洋経済が選んだ「ダイバーシティ企業トップ200」の中で1位に輝いたのは、有名家電メーカー。「ダイバーシティ推進の基本姿勢」「多様な人材活用」「育児・介護」の部門では満点をたたき出すほど、推進に力を入れているようです。また経済産業省も「ダイバーシティ経営企業100選」を実施。企業を表彰することで、国が一丸となってダイバーシティの推進を図っています。

 ※media新卒採用ぺージ参照

medibaも、積極的にダイバーシティに取り組んでいます!社員の割合は男性6:女性4ですが近年は管理職に就く女性も多く、職種関係なく活躍されています!また、育児休暇制度もあり、仕事復帰をしていただける環境も整っています。「ワークライフバランス」が重要とされる中、勤務形態も自由度が高いので、女性の方も安心して働いていただけます。

さらに先日、女性が働きやすい企業を紹介する「女性エンジニアが活躍する企業100社”WOMAN’S IT COMPANY 100″」にも選ばれました!弊社の美人エンジニアが登場しておりますので、ぜひこちらもご覧ください♪ 

■「WOMAN’S IT COMPANY 100」
http://www.k-tsushin.jp/womans-itcompany100/search/details/015576/