「わたしたち、ちゃんと活躍しています!」~若手社員インタビューPart.3 ~

こんにちは、広報グループ原田です。

最近、また寒さが厳しくなってきましたね・・・インフルエンザも依然蔓延しているようですから、体調管理にはくれぐれも気を付けてくださいね!

さて、恒例の若手社員インタビュー
今回はメディア事業部で活躍中の女子2名が登場です♪

“小っちゃいけどパワフルガール”小出さん

“最年少だけど一番のしっかり者”西野さん

 Q1.現在の仕事内容をおしえてください。

小出:主に「スマホガール」というスマートフォン情報サイトのサービス運用を行っています。
AndroidとiPhoneアプリのレビュー記事やデコグッズなど、スマートフォンに関するお知
らせ記事を展開しているサイトです。私はこの記事の執筆や配信作業を行っています。
その他にも、スマホガールではオリジナルアプリを二つリリースしており、アプリ制作に
おけるディレクションにも携わっています。頼もしい先輩にいつも支えて頂きながらお仕
事をしています!

西野:ポータルサイト「auポータル」の運用作業に携わっています。スケジュール管理をした
り、どのようなサイトにするかイメージ案を作成したり、編成作業をすることが主な仕事
です。ユーザーの皆様に楽しんでもらい、便利に使っていただけるようなページを作れ
るように日々励んでいます。

Q2.仕事のやりがいはどんな時に感じますか?

小出:自分の執筆した記事や制作したものが「ユーザーの目に触れている」、「使っていただ
いている」ということに一番のやりがいを感じます。イイネ!数などでリアルな反応を見る
ことが出来るので、自分が選んで執筆した記事のイイネ!数が多い時は、やはり嬉しい
です。メールで「いつも楽しみに見ています!」、「参考にしています!」などのコメントを
いただくと、自分の仕事は対、人であり、「使ってくださるユーザーに喜んでもらいたな。
頑張ろう!」という気持ちになります。

西野:自分で考えた文言やイメージが何十万人の方に見られるwebサイト、
サービスとして完成することに、何よりもやりがいを感じます。

Q3.medibaに入社したきっかけは?

 小出:人を楽しませる、人の笑顔に繋がる仕事がしたい、という軸で志望業界を絞らず、
とことん自分が興味をもった企業を受けるスタンスでした。そんな中、現代人の生活で
一番身近にある携帯・スマートフォン(モバイルIT)業界でも人の笑顔は作れると感じ、
medibaに興味をもったのがきっかけでした。

Q4.medibaの魅力はズバリ?

 

 西野:優しく頼れる先輩方がたくさんいます!あと、キレイなオフイスが自慢です!

Q5.最後に抱負をお願いします!

小出:ユーザー目線で、どんなプラスアルファ―をつけたら使いやすくなるのか、
喜んでもらえるのか、というのを自分で見つけていけるようになりたいです。
そのために、自分の知見や引き出しを増やして、発想を柔軟にしていこうと思います。
あとは、運用でサービスを回しているので単純なミスを繰り返さないこと。OOしたいな、
と思った時に、じゃあどうすれば実現できるのか、なんでそういった答えなのか、という
理論を考えられる人間になりたいです。

西野:もっと興味を持ってもらえるサイトを作りたいです。
また、ユーザーのニーズを分析できるようになりたいです。

なるほど~。二人とも多くのユーザーの目に触れるサイト運営に携わっているという所でやりがいを感じる部分は似ているようです。やりがいが大きい分、きっとプレッシャーも大きいのではないでしょうか!プレッシャーをバネにして取り組む姿勢は、私も見習わないといけないですね!(汗)

下記は、それぞれが携わっているサイトなので、合わせてご覧ください☆
■小出さんが運営に携わる「スマホガール」のサイトはコチラから⇒http://spgirl.jp/
■西野さんが運営に携わる「auポータル」はコチラから⇒http://auone.jp/

次回の若手インタビューも乞うご期待♪

「わたしたち、ちゃんと活躍しています!」~若手社員インタビューPart.2 ~

こんにちは、広報グループ原田です。
今回も引き続き、若手社員インタビューをお届けします♪
営業部でバリバリ活躍中の関西出身2名が登場!

“なにわの貪欲ガール” 清水さん

”京都のサムライボーイ” 山本さん

 (ポーズが決まっていますね!笑)

 Q1.現在どのような仕事を任されていますか?

 清水:”日々アプリやサイトを運営されているお客様(企業、個人問わず)のもとに
営業に行っています。お客様のアプリやサイトに広告バナーをいれて頂いて、
収益を最大限に得ら  れるようなご提案を行っています。アプリ運営者の収益の為に
はもちろんですが、広告の掲載面が増えればそれだけ多くの人に広告が届くことに
なるので、広告主の要望も叶えられるところがこの仕事の魅力だと思います。
私は女性なので、女性が多く使うようなアプリ、サイトのアタックを任されています。
色々なところに営業に行くことが出来るので日々新鮮で楽しく仕事をしています。

山本:目標達成のために、新規でのクライアント開拓を中心に業務を行なっています。
また同時に、過去取引があるクライアントであまりやり取りがないところなどに
アプローチをし、積極的に提案を続けています。日々売上の数字を追いかける大変さは
ありますが、目に見えて結果がわかるので、とても達成感を感じます。
今はまだ、知識・経験共に十分とはいえないのですが、早く自分1人で営業を行える
技量を身につけて会社に貢献したいと考えています。必要な情報の移り変わりがとても
早いので、そのために日々自発的に行動し、周りからの情報収集や学習を怠らないよう
にしています。

Q2.仕事の”やりがい”はどのような時に感じますか?

清水:営業活動を行っているので、自分の提案でmedibaの広告を入れて頂けることに
なった時にはやりがいを感じます。また、アプリを作っている方々に直接
お会いするので、男性技術者の方からは「20代女性」としての意見を訪ねられたり、
最近の流行等を伝えたりと、新人の私でも役に立てることは嬉しいです。
そして日々新しいアプリやアプリランキングをチェックするので最近のアプリ事情に
詳しくなれるところはこの業界ならではだと思います。

山本:クライアントのニーズは多岐に渡るため、単に売って終わりではないところが面白い
と思います。どこが懸念となっていて、どんな施策を打てば課題を解決出来るか。
それをクライアントと一緒に考えていくのは楽しくもあり、苦難もありますが、
やりがいはあります。自分の提案で効果が出れば再度出稿して頂けますし、悪ければ
それで終わり・・となってしまうので、相手の求めているものに対してしっかり応えられる
ような提案をしたいと思います。

Q3. medibaに入社したきっかけは?

 山本:モバイル業界がこの先伸びるかもしれないという漠然としたイメージの中、
複数受けていた企業の1つだったのですが、内定後に先輩方や人事の方とお話
させていただき、「この人達と一緒に働いてみたい」と思うようになり入社を決めました。

Q4. medibaの魅力を教えてください。

 清水:やはりmedibaで働く人はみなさん素敵な方ばかりです。
あとはKDDIの子会社ということで競合他社にはない利点をお客様に与えることが
出来る点や、medibaでしか出来ない仕事があるというところが魅力だと感じています。

Q5.最後に今後の抱負をお願いします!

清水: 今後は今の仕事とは違うことにも色々とチャレンジしてみたいと思っています。
決められた部署内の仕事だけではなく、社員同士が各々でプロジェクトを組んだりと
色々な仕事を出来る環境です。言われたこと以外にも自発的に仕事に取り組むのは
もちろん、様々なことを吸収して数年後にはなくてはならない存在になっていたいです。

山本: 中長期的にクライアントに貢献出来るように、様々な広告商品の中から最適効果が
得られるようプランニングを行い、的確な提案が出来るようになりたいと考えています。
意識していないと時間はあっという間に過ぎていくので、1日1日目標を持って取り組ん
でいきたいと思います。

チャレンジ精神旺盛な姿勢は、まさに「営業」という感じですね!今後の活躍に期待です!
私も負けていられませんー!!(泣)

次回は、メディア事業部から2名を紹介予定です。お楽しみに♪