「ad:tech Tokyo 2012」がいよいよ開催!

こんにちは、広報グループ原田です。

現在「ad:tech tokyo 2012」が、開催中!さっそく昨日の会場の様子をレポートしたいと思います。

ad:techとは、全世界8都市で開催されている世界最大級のデジタルマーケティングイベント。今年で4回目の「ad:tech Tokyo」は、世界中からマーケティングに携わるビジネスリーダーが集い、カンファレンスや展示会、パネルディスカッションなどが催されます。会場は熱気で包まれていました。

会場入り口の様子。いよいよ「ad:tech Tokyo 2012」が始まります!

展示会では多くの企業が出展中。その一部をご紹介します。

展示会場の外に特設ブースを構えた『Adobe Systems』様。シックなブースが目立っていました。

『モーションビート』様は、鮮やかな緑のブース内でスマホに特化したRTB広告を紹介。

こちらは『twitter』様のブース。広告商品のプレゼンテーションを行っている風景です。

『Innovation Showcase』のブースが会場内で最も人が集まっていたかもしれません。

こちらは『DAC』様の菅沼氏がモデレーターとして登壇し、『米国オンライン動画市場のエコシステムから学ぶ:動画コンテンツのデジタル化とマネタイズ手法』というテーマで、熱いディスカッションを交わしていました。ちなみに、菅沼氏とは、ad:tech singaporeで弊社小野村が同時登壇させて頂きました☆

 そして最も「お祭り」という雰囲気を醸し出していたのが、『オムニバス』様のブース。

業界の様々な方とのブース内セッションが目玉企画なのですが、弊社野田が「スマートフォン広告」について登壇させて頂きました。

 さて、カンファレンスはどうだったのでしょうか。業界の第一人者のお話を直接聞けるチャンスはなかなかないので、会場は大盛況です!!

弊社代表取締役大朝も、登壇させて頂きました。

本セッション「ビッグデータとターゲティングの可能性を探る」は、花王の本間氏をモデレーターに迎え、マイクロアドの渡邊氏、ネクストの井上氏、ゼンリンデータコムの足立氏、弊社大朝がパネリストとして登壇いたしました。

無限の可能性を秘めたビッグデータの活用について、独自の視点でのディスカッションを繰り広げました。オーディエンスデータの活用、ビッグデータの解析は、まさに業界のトレンドとなっています。

※medibaは、「閲覧パターン推奨型広告」「統計パターン推奨型広告」という形で、独自のオーディエンスターゲティングをリリースさせて頂いただきました。

ad:techは、本日最終日となります。ぜひ足を運んでみてください!

第12回 社員インタビュー ~ポータル編集部 田口GL~ 

こんにちは、広報グループ原田です。

今回は久しぶりの社員インタビュー!ということでポータル編集部、編集1グループの田口GLにお話を伺いました。

Q1)現在のお仕事の内容について教えてください。

現在は、ポータル編集部、編集1グループのGLをやらせていただいています。編集1Gが持っているサービスは2つありますが、1つはEzweb、PC、Android、iPhoneから閲覧できるauポータルトップページ、そしてauポータルサイト内のメニューリストの編成を行っています。私の仕事は、主にKDDIからの依頼によるページの改編や、KDDIに向けた企画の提案、あとはグループ全体のマネージメントをしています。今までに、メニューリストの立ち上げに携わり、ディレクターとしてデザインや構成の提案なども行ってきました。

 Q2)仕事のやりがいを教えてください。

auポータルのトップページは、ガラケーではEZボタン、Androidではブラウザボタンをタップして最初に立ち上がるサイト、といったようにauのインターネットの入り口として重要なポジションにあります。多くのユーザーの方に見ていただいているので、そのページを担当させて頂けるのはプレッシャーもありますがその分やりがいは大きいですね。

 Q3)今後の抱負をお願いします。

今後は広告、メディア、システムなど部署の垣根を越えて意見交換できる環境の土壌作りをしていきたいと思っています。メディア側から広告商品の提案をしたり、広告事業部側から「こんなメディアだったらいいんじゃないか」といったようにお互いの意見をもとにより良いサービスや商品を生み出していきたいです。

 Q4)趣味は何ですか?

海外、国内問わず旅をすることです。この間はモロッコとフランスへ行ってきました。ヨーロッパは好きなのでよく行きますね!地中海はご飯もおいしいのでオススメです!

 Q5)休日はどのように過ごしていますか?

休日は仲のいい友人と車を借りて遊びに行ったり、友人の家でホームパーティをすることが多いです。

 Q6)最後に社員の方へメッセージをお願いします!

部署を飛び越えて、商品開発や企画など意見交換を活性化させていければいいなと思っています!

 

最後に恒例の座右の銘を書いて頂きました!

田口GLの座右の銘は・・・

一期一会!!!!

― 田口GLありがとうございました。―

インターネット広告のバイイング変化について

こんにちは、広報グループ原田です。

日々進化するネット環境やスマホの登場によって広告業界も急激な成長を遂げてきました!アドテクノロジーの進化によりインターネット広告の購入方法も変化しています。ということで、今回は「インターネット広告におけるバイイング変化」についてご紹介します!

(※画像はクリックすると大きくなります。)

★従来のインターネット広告の買い方~枠を買う!(純広告)~

純広といわれる広告は、特定のメディアが用意した広告枠の商品を指定し、購入します。基本的にはテレビCMのようなマスメディアの広告枠を買う仕組みと同じです。従来から一般的とされる広告枠の購入システムですね!

そして、アドテクノロジーの技術によって・・・

★まとめて買う!が可能に(アドネットワーク)

 「アドネットワーク」という仕組みにより、掲載媒体をグループ化し、広告枠をまとめてパック商品として買う方法。一括で配信することが可能になりとても便利に!

さらに、技術の進歩によって新しい広告配信システムが登場

★最近のトレンド!~ターゲットを選んで買う!(DSP)~

 媒体や広告枠を特定せず、広告を配信したい相手を選び、購入することが可能に!

「DSP」と呼ばれる第三者配信システムを使うことで、今までにはなかったオーダー形式の広告購入が出来るようになりました。また、リアルタイム入札(RTB)というオークション形式の入札により購入金額も買い手が決められるようになり、広告主にとっては経済的なシステムです!

 

従来の枠を指定して買うという形態から細かいオーディエンスターゲティング技術で、適切な相手に適切な広告を配信し、広告主にとっても適切な値段で無駄のない効率的な広告配信が可能になったなんてアドテクノロジーの発展は目覚ましいですね!

これからは、広告主がターゲットを選んで広告を購入することにより、ユーザー側としても自分に適した広告に接する機会が増えそうです!

 

スマホステキ女子部第一回イベントが開催されました!

こんにちは、広報グループ原田です!

2012年10月3日(水)、スマホステキ女子部第一回イベント「一目置かれるビジネスマナーの日本酒選び」が開催されました!

スマホステキ女子部とは?

日本の女性がもっと楽しく気軽にスマートフォンで素敵になれる機会を作れるようにと幹事企業4社によって結成された女子力upを目指すコミュニティです。

そして、今回は記念すべき第一回目!

「一目置かれるビジネスマナーの日本酒選び」をテーマに約70名のステキ女子の皆様にお集まりいただきました。

こちらは開場前の様子~

ステキ女子の皆様に喜んでいただくための準備は万全です♪

各社のスタッフはオリジナルTシャツでスマホステキ女子の皆様をお出迎え!

いよいよ、始まります~

オープニングでは今回試飲していたく日本酒とおつまみをご紹介♪

左から、シャンパンのような日本酒「月うさぎ」をはじめ、ほんのり甘く爽やかな味わいの「ひめぜんSWEET」、すっきりとした口当たりと辛さが魅力の「志太泉 純米大吟醸」と女性でも飲みやすい日本酒3種類が振舞われました!

 日本酒に合うこだわりのおつまみも4種類ご用意!

カニやホタテなどの海鮮を醤油ベースの調味料に漬け込んだ「海鮮松前漬」、独特の唐辛子で味付けされた「無着色明太子」、高級昆布をベースに海の幸をトッピングした「岩手丸」、醤油やきんぴらごぼうなどの味が楽しめる「濱楽のかりんとう」といった豪華ラインナップです♪

日本酒を片手に、今回お酒を提供していただいたSAKELIFE様による第一部トークショー「ビジネスで使える日本酒知識」がスタート!

「正しい日本酒の飲み方」や「純米酒と吟醸酒の違い」といった使える日本酒知識、そして「日本酒は美肌にいい!」といった女性必須のマメ知識等、ステキ女子の皆様もお酒を堪能しつつ聞き入っている様子でした。

そして第二部では、「お酒の席でもきれいをキープ☆なスグレモノ」をご紹介!

たとえば、女子が飲みの席で気になる「足のにおい」や「顔のテカリ」を解消してくれるコスメや

SWAROVSKIのiPhoneアクセサリーなどが登場。 こちらで紹介された商品は展示ブースで購入することも!

また、展示ブースの一角では純米にごり酒の試飲も行われました。休憩タイムになると、ステキ女子の皆様がさっそく展示ブースへ~

大盛況です!

ステキ女子の皆様も少し酔いが回り、イベントも盛り上がってきた中、いよいよ、medibaからスマホガール編集長、山田の登場です!!!

第三部ではスマホガールから「使える!お洒系アプリと接待でのスマホ活用術」をテーマにセッション形式で行われました♪

各テーブルにタブレットが配られ、実際にアプリを体験していただきながら「飲みの場を盛り上げるアプリ」「話の引き出しとして使えるアプリ」「のんべぇさん必須アプリ」といった飲み会で使えるユニークなアプリを紹介しました。その場でアプリを試したり、お酒を飲んだりと大盛り上がりでした~!

 楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうもので・・・名残惜しくも、最後に参加者の皆様とスタッフ一同で記念撮影!!

スマホステキ女子部第一回目イベントは大成功に終わりました☆ご参加いただきましたステキ女子の皆様ありがとうございました。

今後もスマホステキ女子部では女子力upに繫がるイベントを開催する予定ですので、ぜひフェイスブックをチェックしてみてください!次回のご参加をお待ちしております♪

☆スマホステキ女子部 参画企業4社

●株式会社mediba ●NECカシオモバイルコミュニケーションズ株式会社

●株式会社千趣会 ●株式会社パソナテック

 ☆スマホステキ女子部Facebookページ⇒http://www.facebook.com/Sumahosutekijyoshi

スマホガールのオススメコンテンツを紹介♪

こんにちは、広報グループ原田です。

medibaでは、メディア事業としてKDDIの「au ポータル」を中心にメディアの編成や制作、さらに新規事業として、女子で作る女子のためのスマートフォン情報サイト「スマホガール」を運営しています♪

 ■スマホガールとは?(http://spgirl.jp/

スマートフォン初心者の女子へ向けたコンテンツ、Android/iPhone向けオススメアプリ紹介、ランキング、スマホに関するニュース記事の紹介や、スマホ活用豆知識などなど、女子が知りたい情報を盛りだくさんでお届けしています。

今回は、スマホガールのオススメコンテンツを私目線でご紹介しようと思います!

☆オススメ① 「アプリレビュー」

最近はアプリの数が増えてきて、どのアプリをダウンロードすれば良いか迷うことはありませんか??そんな時はスマホガールの「アプリレビュー」でオススメアプリを簡単にチェック出来ます!毎日更新で、種類やジャンルも豊富!ライターが実際に使ってみた感想や使い方のポイントをわかりやすく説明してくれるので、私もよくチェックしています^^

☆オススメ② 「スマホ講座」

スマホ初心者の女子は必見!私も初めてスマホを手にしたときは使い方がわからず苦労しました・・・「今更、スマホの使い方がわからないなんて言えない・・・」と思っている女子はぜひスマホ講座を参考に!

スマホに関するプチテクニックや豆知識、用語説明やQ&Aなど幅広い情報を提供しています。私が気になったのは、『15分以内ならアプリの返金が出来る』プチテクです!みなさん知っていますか??気になる方はスマホ講座をご覧ください♪

☆オススメ③ スマホガールがプロデュースしたAndroidアプリ「Happy Birthday♪カードをつくろう」

女子の間では友人の誕生日にデコメやメールを送るのが当たり前。最近はフェイスブックで誕生日のメッセージを送る人も多いと思います。もっと可愛いメッセージを送ったりfacebookに投稿出来たら素敵ですよね?そんな願いを叶えてくれるのが「Happy Birthday♪カードをつくろう」です!オリジナルのバースデーカードを可愛く簡単に作ることが出来るアプリで、先日facebookへのウォール投稿や友人の誕生日を知らせてくれる機能が追加されたばかり!さっそく私もオリジナルバースデーカードを作ってみました^^

 

作り方はとても簡単!6種類のカードから選択。

あとはカードに好きなスタンプやテキストを張り付けたり、手書きでメッセージを書いたりするだけ。写真の貼り付けも出来ます!メッセージスタンプは色の変更も可能なんですよ?

カード選びからデコレーションまで簡単に自分好みのカードを作れるので誕生日に関係なく利用できます~

ちなみに、facebookへ投稿出来る新機能を使えば、メッセージと共にオリジナルカードが表示されます!とても便利な機能なので、ぜひ使ってみてください☆

※アプリ「Happy Birthday♪カードをつくろう」(無料)のダウンロードはこちらから↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mediba.spgirl.happybirthday

周囲と差を付けるなら、「Happy Birthday♪カードをつくろう」で身近な人へのメッセージを!きっと喜ばれると思います♪