第3回社員インタビュー〜au one編集部・木越GL〜

こんにちは!mediba広報部です。

先週に引き続き、今週も社員インタビューをご紹介します。第3回目となる今日はau one 編集部 編集2GのGL・木越美歩氏です。

Q1)現在の仕事内容を教えてください。

2006年にmedibaに入社し、5年半が経ちました。「au one(現auポータル)」 の立ち上げから現在まで、ほとんど編成・企画・運営を担当する部署にいます。今期からは編集2Gのグループリーダーとなりまして、主な仕事は「au ポータル」の今後の方針や計画をたてること。フィーチャーフォンからスマ―トフォンにシフトしている中、今後のスマホポータルの方向性を検討しています。

―GLになられてから、何か変化はありましたか?

どの立場で関わるかによって、見えるものが変わったり関わり方が変わったりするので、見方の幅が広がりました。あとは、気にすべきことが増えたので日々勉強になっていますね。

グループのメンバーが何をしているか良いことも悪いこともきちんと把握しておきたいし、困っていることがあればサポートできるように個別ミーティングの場を設けています。

Q2)今後の抱負を教えてください。

運用系業務が多いので「縁の下の力持ち」なお仕事が多いです。その中でグループメンバーの働きが周囲の評価につながるよう、環境作りやサポートをしたいと思っています。

 

Q3)お休みの日は何をされていますか?

お茶のお稽古をしています。また平日の夜は日舞のお稽古をしています。夫婦揃って多忙なので、なかなか一緒に食事ができないのですが、日舞の初舞台には足を運んでくれました。

木越さんの日舞の様子はこちら↓

 

Q4)入社してくる方へメッセージをお願いします。

最初は何事も見よう見まねになると思いますが、まずは知識や技術を吸収し、その後で自分なりのやり方を模索するのがいいのかな、と思います。堂々と分からないと言えたり、周囲の人になんでも教えてもらえるというのは新卒の特権です。medibaには知己に富んだ先輩方がたくさんいますから、物怖じしないで何でも質問してほしいですね。

最後に、座右の銘を書いて頂きました!

-木越GL、ありがとうございました。

広報ブログ開設

こんにちは、mediba広報部 脇山です。

日常生活において欠かすことのできないツールに成長した携帯電話。medibaは、進化を続けるモバイル業界において企業とユーザーの懸け橋となるべく誕生した会社です。

この数年、ネット業界を取り巻く環境は大きく変化を遂げました。ソーシャルゲームの人気が爆発、facebookやTwitterといった米国メディアが日本でも流行、スマートフォンの台頭、それに伴うマスメディアのデジタル化など。モバイルプラットフォームの拡大化&国際化は今この瞬間も急速に進んでいます。

私達は、広報ブログを通じ、ネット業界、特にモバイル広告やアドネットワークとはなんぞや  そして業界におけるmedibaの役割など、社員のリアルボイスを交えてお届けしたいと思います。

どうぞ宜しくお願いします^^